2012年08月30日

カドがたくさんある消しゴム。その名も『カドケシ』

学校を卒業すれば、鉛筆やシャーペンから卒業しボールペンへと移行します。

その陰で同時に卒業するモノと言えば…





 消しゴム






鉛筆やシャーペンを使わなくなれば、消しゴムも不要となります。


学生の時には様々な消しゴム、特に小学生の時にはキャラクターや練り消しゴムと個性豊かなデザインが流行りました。

今の学生、特に小学生はどのような消しゴムを持っているんだろうメモ



書店の文房具コーナーでもペンばかりに目が行き、今は頻度が少なくなったモノには目が行き届きません眼鏡




と、思いきやexclamation×2、心惹かれる消しゴムを発見わーい(嬉しい顔)



8.30 A.jpg



 『カドケシ』



カドがたくさんあることで、細かく消せることが何より特徴の消しゴム手(パー)


確かに、新しい消しゴムで一番最初に消すときは消しやすく、心も躍っていましたグッド(上向き矢印)

細かい箇所を消すときにカドが無いとき、苦心したものです。

間違って違う箇所まで消してしまい「あーーーーーっ!!!!」と自らを責めたものです。。。


それを一挙に解決した『カドケシ』



あ〜〜〜学生だったら確実に買ってるわ。

そして、このようになるでしょう。

カドケシの自慢をちょっとしている間にカドケシ、それぞれの立方体を接合しているトコが弱まり、バラバラ…ただの小さな消しゴム…ってならないかな無料





ちょっとユニークな『カドケシ』

文房具は依然と進化してますわーい(嬉しい顔)



ラベル:文房具
posted by ひとし at 23:26| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

レブン書房 閉店を惜しんで…

京都大学のお膝元・百万遍交差点北西角に構えていた本屋さんが6月末日閉店しました。


7. 7 A.JPG



伝聞やネット検索で調べても確実な情報は不明ですが、とにかく半世紀以上!百万遍北西角の顔『レブン書房』が寝耳に水と言ってもいいぐらいに突然の閉店。
この話を聞いて驚いた人は数知れずでしょう耳


地元の方には御用達。

昔ながらの本屋さんで配達もOK!
馴染みの方なれば、新しい本のお知らせまでもあったらしいです。

ただ、時代の流れに抗えなかったのでしょうか。
ここ最近はスケールメリットの本屋さんな集約され、地元の本屋さんは何かしらに特色を打ち出さなければ生き残ることは難しいと想像できます。



7月。

日中もシャッターは閉じられたまま。


そこには…



7. 7 B.JPG



店主から閉店のお知らせ。




そして、今日百万遍を通れば数日前にはなかった落書き?とガムテープで貼られたメモを発見exclamation




7. 7 C.JPG



「やめないで!!」



シャッターの上から記されたか、字が暴れています。


切実、ファンからのメッセージに熱いものを感じますもうやだ〜(悲しい顔)




さらに張り紙の下のメモ用紙を見れば…



7. 7 D.JPG



長年、百万遍交差点の一角を占めてきたレブン書房が閉店するなんて信じられない。
崩れゆく京都の街の象徴のようだ。
精一杯がんばってきたであろう店主を責められないのが寂しい。
哀惜の思いを心から贈る。



青色の文字からも惜別の別れを感じさせかつ文学的なメッセージは心に響きます手(グー)



このファンの気持ち。
2005年、梶井基次郎『檸檬』の舞台の一つとなった丸善・京都河原町店が閉店する際に店内のあちこちにレモンが置かれ別れを悲しんだコトが蘇りました。


このファンの気持ち。
店主さんはどれほどの想いを胸に抱いたのでしょうか。


このファンの気持ち。
少しでも人に知っていただきたく載せました。


感謝。




posted by ひとし at 22:07| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

映画『阪急電車』と原作『阪急電車』




映画『阪急電車 −片道15分の奇跡−』を見に行ってきました映画


ご存じ、有川浩原作『阪急電車』の映画化です。
小生も小説を読んで思わず「素晴らしい!」と、読み終わり唸った一冊なので、どのように映画化されるのか楽しみに足を運びました。



感想は…





原作の圧勝。






それぞれのキャスティングは素晴らしいの一言わーい(嬉しい顔)


祖母・宮本信子と孫・芦田愛菜のナイスコンビ手(チョキ)


寝取られた主人公・中谷美紀の美貌に酔いしれ手(チョキ)


初々しい学生カップル・谷村美月と勝地涼の朗らかな世界手(チョキ)


等々。場面場面としては原作を読んだときの自分の創造と合致!
しかし、それを越えることはほぼ無かったかなぁ〜と。。。



何より“つかみ”の冒頭部分。

『阪急電車』とタイトルが出るまでの“登場人物紹介”的な場面は原作を読んでいれば無駄!かつ次々と起こる奇跡度合いが半減してしまった感は否めません。

さらに全体的に上映時間を伸ばそうとしているように思えて…
『片道15分の奇跡』ならテンポ良く進んで欲しかったです!!!

あと、原作では主人公が討ち入りを果たし電車で出会った叔母さんに勧められて途中下車した『小林駅』

「いい街だから!」

映画を見ると小林の良さがあまり伝わってこなかったのが残念だったなぁ〜
有川浩さんが原作で描かれた“小林の良さ”は伝わったのに…
その後、主人公が退職し引っ越しまでもした!小林ですよ…



あくまで主観ですので!




いずれにせよ全国的に阪急電車に注目が浴び、

関西に注目が浴び、

支線の阪急今津線に注目が浴び、

さらに全国の鉄道に、支線に注目が浴びたらエエなぁ〜電車


映画・阪急電車の撮影スポットを巡る〜なんかエエんちゃいます〜

あの肉まんでも食べましょか〜手(チョキ)



是非、映画を御覧になった方は有川浩原作『阪急電車』で有川さんが繰り出す言葉の選択の魔法を味わって下さい本

めっちゃオススメですわーい(嬉しい顔)




ラベル:阪急電車
posted by ひとし at 17:47| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

『経世会 死闘の七十日』

古本屋さんで偶然に出会った…

1.13 A.jpg

『経世会 死闘の七十日』

  著:大塚清二


1995年12月に発刊された本。
1992年秋に当時の自民党最大派閥・竹下派が分裂したとき、政治記者として間近で見ていた著者が記した一冊です。

時代は宮沢内閣。竹下派には竹下元首相と金丸信会長を筆頭に竹下派七奉行(小渕恵三、梶山静六、橋本龍太郎、羽田孜、渡部恒三、奥田敬和、小沢一郎)が政治の世界を動かしていました。
ちなみに竹下派七奉行のうち前者3人は自民党に、後者4人は自民党離党しました。七奉行のうち羽田、渡部、小沢は現在も民主党衆議院議員として活動、残り5人は故人となっています。

竹下派・金丸会長のヤミ献金発覚で失脚、後継会長を巡る骨肉の争いを実名と共に記されています。
ここで後継会長として金丸会長の絶大な後ろ盾があったのが小沢一郎。

小沢一郎は今日でも政治の師匠として田中角栄と金丸信を上げます。
親でもある金丸会長を守るべく子の小沢一郎は動こうとするのですが…

豪腕と名を馳せている小沢一郎は人見知りで、人と直接会うことを避ける傾向にあると紹介されています。
加えて、多くを語らない、側近が小沢氏の意向として語る傾向がある。
涙を見せるも振り返るときょとんとしている。


様々に小沢一郎の表情が語られる『経世会 死闘の七十日』


さらに、雲隠れをする。


1992年秋に起きた政治的事件。
しかしながら、2010年夏から現在まで進んでいる政治状況と重なり合う場面が幾度も訪れます。

小沢一郎氏が民主党幹事長での活動、民主党代表選挙に出馬するかしないか、代表選挙での動き、政治とカネで国会の衆院政治倫理審査会出席への駆け引き。

どれもこれも今から約20年前の小沢評と変化ナシexclamation×2


いや待てよ。
小沢一郎氏は約20年前から政治の世界で中心人物として活動されています。
これほど長らく中心で活動している議員は他に見当たりません。
総理大臣に一番近い男が総理大臣に就任せず、権力は常に保持し、活躍する。

この小沢評があればこそ今日の活躍がある武器だったのでしょうか?

この政治姿勢は田中角栄でもなく金丸信でもなく、いや彼らのような同じ失敗をしないために築かれた政治家・小沢一郎だったのでしょうか?


約15年前に発刊された中古本で現在の政治状況と何ら変化ナシは「失われた期間」なのかな…

どうにかして下さいexclamation×2民主党よexclamation×2

ラベル:小沢一郎
posted by ひとし at 18:48| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。