2013年08月13日

標高3,003bに鎮座される霊山立山・雄山神社本宮

そうだ!立山標高3,003bの頂に鎮座される雄山神社へ行こう!


午前6時30分。
立山黒部アルペンルートの起点。ケーブル立山駅を出発。
その後、高原バスに揺られて約1時間弱。
標高2,500b、室堂に到着しました。

8.13 C.JPG

気温は約17度。
猛暑続きの京都に住む小生にとっては快適そのもの晴れ
長袖、長ズボン着用!


ここから立山雄山の頂、標高3,003bを目指します手(グー)

まずその前に!

8.13 Q.JPG

“立山玉殿の清水”

黒部ダム建設時に掘削された立山トンネル工事中に湧水。
水温は通年で2度から5度と非常に冷たく、真夏は登山者の喉を潤す貴重なお水ですあせあせ(飛び散る汗)


室堂から一ノ越山荘までが第一部。約1時間弱の工程。
さらに山荘から雄山神社までが第二部。こちらも約1時間の行程です。


前半は登山道が整備され高山植物や周囲の風景を楽しみながらルンルン気分で歩みを進めますくつ


8.13 G.JPG


残雪があちこちで見られ、登山道にももれなく雪道が雪
やや気を抜くとすべっちゃいます。。。

8.13 E.JPG

8.13 F.JPG


立秋を過ぎ、雲は早くも秋の空!?

8.13 H.JPG



さぁ!そして第二部!
山荘から頂まで。

コチラが険しい山道をはいつくばって登らないといけません。。。


コレをどうぞふらふら

8.13 I.JPG

8.13 J.JPG

8.13 K.JPG


少し足を踏み外すと。。。。

下の登山者に岩や石が落ちます。。。


細心の注意を払って登り、見上げれば徐々に近づく頂!


8.13 L.JPG

8.13 N.JPG



室堂の涼やかな気温とは裏腹に、汗が滴り落ちるほどの暑さが襲ってきます。

そしてようやく頂に上り詰め、参拝わーい(嬉しい顔)


8.13 A.JPG

8.13 O.JPG


御由緒は…
「今から約一三〇〇年前、文武天皇の大宝元年(西暦七〇一年)第一二代景行天皇の後裔、越中の国司佐伯宿禰有若卿の嫡男有頼公が、白鷹と黒熊に導かれ立山の玉殿岩窟において「我、濁世の衆生を救はんがため此の山に現はる。或は鷹となり、或は熊となり、汝をここに導きしは、この霊山を開かせんがためなり。」という立山両権現の霊示を受け、文武天皇の勅命により開山されたのが霊峰立山である。」
※雄山神社サイトより


8.13 P.JPG


標高3,003bでの参拝と御祓い、お神酒を頂きます。


清清しい気持ちに感動と達成感に満たされましたわーい(嬉しい顔)



1,300年もの歴史を数える立山雄山神社。
なぜここが信仰の対象となったのか。

参拝した者しか実感できない何かが雄山神社本宮にありますグッド(上向き矢印)



8.13 M.JPG


北アルプスの山々が見渡せ、小生の達成を祝っているかのように快晴が広がっていました。



最後に山に登れば登るほどのお約束手(チョキ)

8.13 R.JPG



気楽に…とは言えませんが、


一度は訪れたい場所わーい(嬉しい顔)

霊山立山、雄山神社本宮です。




posted by ひとし at 22:57| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 神社・寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
立山、荘厳だよね。小学生の時にのぼったよ!
本当に怖かったけれど、すごい達成感だった。
今登れるかな(笑)
Posted by みおぺ at 2013年08月13日 23:24
コメントありがとうございます!
登頂して満足!
下山して立山の稜線を眺めて達成感ですねー!

小学生から年輩の方々も参拝されていたので、大丈夫!大丈夫! 笑
Posted by ひとし at 2013年08月14日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。