2013年06月28日

♪京都大学交響楽団第193回定期演奏会♪

27日夜に開かれたるんるん



6.28 A.jpg



 『京都大学交響楽団第193回定期演奏会』



に京都コンサートホールまで行ってきましたるんるん


京大オケは今年で97周年、年2回の演奏会で193回目と伝統ある演奏会です。

質の高い公演は評判良く、この日の京都コンサートホールはほぼ満員!!!




プログラムは…
@ J.シベリウス
   交響詩「フィンランディア」
A E.グリーグ
   「ペール・ギュント」より (語りつき)
     (語り:川下大洋 協力:劇団そとばこまち)
B C.ニールセン
   交響曲第2番ロ短調「四つの気質」


客演指揮に新田ユリ氏を迎えての公演です。




客演指揮者の大きな身振り手振りの導きで、演奏がより躍動感や喜怒哀楽が深くなっているように感じまするんるん


一人一人の奏で方が感情と重なり音になる魅力は日頃、あまり親しんでいない小生にも感じ受けますわーい(嬉しい顔)




また2曲目では演奏と語りのコラボレーション。

小生は初体験!

照明効果を取り入れた約50分間の音楽劇です演劇


ただ音を聞いていれば、そのストーリーは理解するには難しいでしょう。

そこで語りが入れば、さらに小生が尊敬する先輩の語り&間でより深くその曲目の素晴らしさが理解できスーッと心に宿りました手(チョキ)




“音楽”の言葉通り、

音を存分に楽しめたひととき。



生演奏の素晴らしさ、

音楽のファンは応援する意味でも是非、ホールで聞いて頂きたいです!




公演後、京大オケへ心からの拍手を送る素晴らしい時間でしたわーい(嬉しい顔)


ラベル:ライブ
posted by ひとし at 20:48| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。