2013年07月31日

二度目の愛宕神社千日詣!

7月31から8月1日にかけて愛宕神社に参拝すると千日参拝の功徳があると言われている

“愛宕神社 千日詣り”


2009年以来に参拝してきましたわーい(嬉しい顔)

正式には「千日通夜祭」
清滝登山口から愛宕山頂標高924bに鎮座される愛宕神社まで山道約4q、所要時間片道1時間30分から2時間の距離です。


7.31 B.jpg



清滝入口の鳥居。

今回は31日日中にお詣り。
午後3時50分登山開始!


清滝側は京都バスの大増発もあり、メインルートとして参拝客の多くが通います。
このルートの前半部分。約2q弱は急峻な山道が続きます。


7.31 C.jpg

 “壺割坂”

江戸時代由縁の坂と言われています。
その坂道がコチラ!


7.31 D.jpg


まぁ〜このような坂道が前半部分の大半を占めます。


流れ落ちる汗あせあせ(飛び散る汗)
山中で時折涼しい風が吹くも湿度が高く、絞れるほどの大量の汗に自分自身もビックリ!ですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



7.31 E.jpg



すでに下りられてくる方々も多くいらっしゃいます。

すれ違うときには…


「おのぼりやす」

「おくだりやす」


と、大人も子供も挨拶を交わします。
小学生の子からも挨拶があると自然に元気を与えてくれ、ちょいと足が軽くなるように嬉しくなりますねーわーい(嬉しい顔)



7.31 F.jpg



後半部分はなだらかな道と坂道の交互とメリハリがあり、ちょっと余裕!?

開かれた部分からは見渡す限りの山々。。。

随分、奥深くまで来たものだと目


残り1qほどで…


7.31 G.jpg



おおおっ!!!

でもまだまだ続く………


7.31 H.jpg



これを越えればと力を振り絞って上ります。

次に目


7.31 I.jpg



鳥居ーーーー!!!!

本殿までもうすぐ!と、ふと喜ぶも…



7.31 J.jpg



またもや階段。

この最後の階段が辛い…


石の階段はやや大きく、足を上げなければならない辛さは最高潮!!!

それも、多くの階段で心が………


振り返れば目


7.31 K.jpg




約1時間30分経過時計

愛宕神社本殿へ到着ですわーい(嬉しい顔)



7.31 A.jpg

7.31 M.jpg



愛宕神社の御祭神は

・稚産日命
・埴山姫命
・天熊人命
・豊受姫命


一般的には火伏せの神様として知られています。

台所に愛宕神社のお札を飾れば、火事に遭わないと信仰を集めています手(パー)


大宝年間(701年から704年)に神廟を造立、781年に王城鎮護の神として鎮座されました。
全国に約800の分社があり総本宮として全国各地から多くの方々が来られる京都有数の神社なのです。


参拝、御神酒を授かり、お札も授かり、


達成感でいっぱい!!!



でも、このあと下山。
下山がまた辛い。急峻な坂道を下るには細心の注意が必要。
日頃のスポーツクラブの成果か!?幸いケガをせず、無事清滝鳥居へ。


7.31 L.jpg


午後7時30分頃。
夜通し登山の方々が徐々に増えてました。


このあとはお札のお裾分け。
その前に筋肉痛に苦しむのか。。。明日?明後日?

と、思いきや、もうすでに!?
まだまだ小生は若いなぁーわーい(嬉しい顔)



防火、火伏せの御利益を授かりますようにわーい(嬉しい顔)


posted by ひとし at 23:57| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

天井川探索隊A 〜京田辺市・馬坂川

山城地域の名風景“天井川”

京田辺市内にも数多くの天井川が存在します。
木津川左岸を南北に走るJR学研都市線。

天井川を潜るために煉瓦で造られたアーチを何度も通過します電車



7.30 A.jpg


 “馬坂跨線水路橋”



JR京田辺駅から奈良方面へすぐ。
1898年(明治31年)に鉄道が開業した当時に建造された馬坂跨線水路橋。
3連橋梁の煉瓦アーチです。




さらに、JR学研都市線の東側を走る市道にも天井川跨線橋が跨ぎます目



7.30 C.jpg



コチラは一般的な高架橋。
比較的新しく切り開かれた市道で、天井川を通すには簡素で頑丈な鉄筋コンクリートが採用されたのでしょう。



さて、その天井川の名は…



 「馬坂川」




水源は京奈和道・田辺西インターチェンジ付近。
京田辺市役所裏手付近を通り、府道八幡木津線、JR学研都市線を越えると天井川を切り下げられ北へと川の向きを変化。
桜並木が続く府営田辺団地を通り過ぎれば防賀川に注ぎ至ります。



さぁ〜その馬坂川ですどんっ(衝撃)





7.30 B.jpg





あれ???


廃川???



ただの水枯れ???




うーん…理由は不明。



期待していたのですが………




天井川は一度、氾濫すれば甚大な被害を流域に与えます。

なので、天井川は切り下げられるか、新たな川を開き流れを代用させる動きが各地で進められています。


馬坂川の周辺では見られませんでしたが、もしかすればどこかで代用されているのかも………





天井川を楽しみに探検した小生はややがっかりふらふら

だってねパンチ
天井川を見ようとすれば、それだけ上らないとダメなんですよ!!!

大量の汗の結果が、流れナシとは…



ただその一方で辺りの見晴らしは絶好グッド(上向き矢印)



7.30 D.jpg




まぁー良しとしましょわーい(嬉しい顔)


しばらく、天井川探索隊手(パー)ガンバリマス映画




posted by ひとし at 19:47| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エエとこ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

“まつぽっくり”ってもう落下していいの!?

ふと歩道を見下ろせば…目



7.29 A.jpg



 まつぼっくりがあちこちに落下!



あれ?まつぼっくりが落下するのはこの季節でしたか?

と、疑問に感じ調べれば、まつぼっくりはそもそも“秋の季語”



観察すれば目
まつぼっくりの傘が開いていない状態での落下。


と、言うことは不本意ながらの落下と訴えれば良いでしょうか。




本来は種子が落下することで役目を終えるはずのまつぼっくり。



雨の影響か雨
人的要因か。
あぁーもぉー耐えられない…と、ぶら下がり健康機から断念した根性ナシなのか。



まだまだ踏ん張っている方々は


7.29 B.jpg


秋には選ばれしぼっちゃんが種子を放ち、クロマツのお子様があちこちで根付くことでしょう手(パー)



落下したまつぼっくりさん。

子供のときのように蹴って遊ぶしかないのか…


有効な活用法があればねー………



posted by ひとし at 23:46| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

感泣! 〜高校野球京都大会決勝

昨日(27日)にわかさスタジアム京都で行われた高校野球京都大会決勝を観戦してきました野球
甲子園の全国高校野球は何度も観戦していますが、京都大会は初観戦!

そー言えば手(パー)小生が高校3年生の時、我が母校は京都大会決勝まで進出!!!
9回までリード!
が、同点に追い付かれ、延長で負け準優勝に。。。2度目の甲子園出場を目前で逃したことを思い出しました。
あの時、母校は出場すれば〜〜〜と、舞台裏はてんやわんや状態でしたよー。


さぁ、そのようなことは置いて手(パー)



7.28 B.jpg


京都大会決勝は
鳥羽高校 VS 福知山成美高校


鳥羽高校は今春のセンバツ出場校。
福知山成美高校は府北部の強豪校。

好カードとして観客は期待大!
内野席は立ち見が出るほどの大賑わい野球

午後1時プレイボール!


前半は投手戦!
どちらが先制点をもぎ取るのか、一進一退の攻防が続きました。


7.28 A.jpg


7.28 C.jpg



決勝の緊張か?
鳥羽高校にミスが相次ぎ、失点を重ねてしまいました。


結果は…

7.28 E.jpg


鳥羽高校 0−5 福知山成美高校



7.28 D.jpg


福知山成美高校が5年ぶり4度目の出場を決めました。

観客、アルプススタンドからは両チームに大きな拍手と歓声!!!!


青春にボールを追い掛け、甲子園を目指す。
その熱い想いが叶ったチームと、断たれたチーム。
歓喜と感泣。
一つのドラマを見届けた感動がわかさスタジアム京都にありましたわーい(嬉しい顔)



7.28 F.jpg

7.28 G.jpg



是非、京都府代表として頂点を目指し奮闘してもらいましょ!


感動する夏が甲子園にあります野球



ラベル:高校野球
posted by ひとし at 23:48| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エエとこ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

二条大橋下で開催してますよー“鴨川ギャラリー”

カルガモが多く住み着いている鴨川。
河川敷を自転車で走っていると…


7.26 C.jpg


二条大橋下の左岸目



いつもは右岸側から眺め、前々から気になっていたんです目




7.26 A.jpg


 「上杉本 洛中洛外図屏風」



織田信長が上杉謙信に贈ったと伝わる狩野永徳の作画。
現在は山形・米沢市の上杉博物館に所蔵され、国宝に指定されています。

そのパネル画の展示。



さらにアート


7.26 B.jpg



屏風絵からの部分画。

鴨川。
五条橋。
神輿渡御。


それぞれ祇園祭や牛若丸と弁慶との伝説等々の説明が展示されています。





てか手(パー)

なぜ、二条大橋の下に展示されているのでしょうか?


仮設と思いきや橋の下に取り付けられた照明付きひらめき

これらの支援には葛椏sホテル、積水ハウス梶Aワタキューセイモア鰍フ三社の支援による京都府の事業“鴨川ギャラリー”の一環だそうです。



“鴨川ギャラリー”とエエようなネーミングを付けてますが、小生はこう考えています。
鴨川の河川敷が整備され、遊歩道から川へ下りられる階段を橋の下を中心に整備されました。
その後、問題となったのがホームレス問題。
橋の下は雨風がしのげる絶好の場所です。
そこにホームを造られ、苦情が寄せられ、橋の下はフェンスに囲われ階段などが封鎖。
何とも滑稽な状態だったのです。
橋の下を活用するアイデアが民間を巻き込んだこの形だったのでしょう手(パー)

当然ながらホームレス問題の解決も必要ですが、一石二鳥、一石三鳥の事業です。




二条大橋の下にはベンチも用意され、じっくり鑑賞できるようにもなっています目


先月お引っ越ししたカモ一家も目の前で元気に暮らしています。

ちょいと日陰で鴨川の風に揺られ休んでいきませんかーわーい(嬉しい顔)


posted by ひとし at 22:45| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エエとこ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

赤く燃ゆる夕刻に“大!?”

24日の夕刻晴れ



7.25 A.jpg




西の空に燃えるかのように赤く染まった雲が広がってました。




7.25 B.jpg




小生の家は大文字の麓。

大文字の送り火の“大”が西の空に輝いてるかのように見えません?わーい(嬉しい顔)



雲が鏡のように反射して“大”を演出しています!





夏の夕焼けは春秋冬と比べると綺麗に見えます晴れ三日月晴れ


なぜなのでしょうか。

詳しい理論は誰かに聞いて下さい。

ざっくばらんに言えば…
・夏の夕陽は観測点から大気中の長い距離を進んで到達します。
・空気中の水分の量。夏は湿気が多く存在します。
・光りは空気中の水分により屈折。
・青色は障害物に吸収、黄色や赤色、橙色は散乱し沈む方向に赤色などが目立つ。




最近、空を見上げてますか?



posted by ひとし at 01:49| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

山鉾巡行後祭が復活すればどうなるの!? 〜祇園祭・花傘巡行

24日は祇園祭還幸祭。
17日に八坂神社から四条寺町の御旅所までお出でになった神輿3基が八坂神社へと戻られます。
還幸祭前には山鉾巡行が1965年まで“後祭”として行われていましたが統合され、その代わりに興されたのが『祇園祭 花傘巡行』です右斜め下

子供神輿や華やかな衣装を纏った女性、舞妓さん、さらに囃子方、花傘と絢爛な行列が巡行します。

午前10時。八坂神社石段下をスタート。
四条通り→四条河原町→河原町通り→河原町御池→御池通り→寺町御池→寺町通り→四条寺町御旅所→四条通り→祇園石段下→東山通り→神幸通り→八坂神社(正午頃)



今回は川端四条と河原町御池の交差点で花傘巡行を見てきましたーわーい(嬉しい顔)



@ 子供神輿

7.24 B.jpg

7.24 C.jpg



A 花傘巡行旗

7.24 A.jpg



B 神饌花車

7.24 D.jpg



C 祇園太鼓旗と祇園太鼓

7.24 E.jpg

7.24 F.jpg



D 金獅子&銀獅子
祇園太鼓の傍らに獅子が2体。あちこちで噛みながら絡んでました目

7.24 G.jpg



E 幌武者、児武者

7.24 H.jpg



F 久世六斎保存会

7.24 J.jpg

7.24 K.jpg



G 京都織物卸商業組合花傘

7.24 L.jpg



H 花傘娘

7.24 M.jpg



I 祇園東お茶屋組合・小町踊

7.24 N.jpg



J 先斗町お茶屋組合・歌舞伎踊

7.24 O.jpg



K さぎ踊

7.24 P.jpg



L 船鉾・祇園囃子

7.24 Q.jpg



約850人による華やかな行列ぴかぴか(新しい)

さて早ければ来年度に山鉾巡行・後祭の復活が予定されています。
花傘巡行は後祭が統合された代用として始められたのは冒頭でご紹介しました。

来年、復活すれば花傘巡行はどのような道を辿るのでしょうか?

山鉾巡行後祭と一緒に巡行!?
それぞれが氏子地域を巡行!?
消滅!?


等々、どのようになるのかは現時点で不明です。

1966年から始まり、すでに祇園祭には無くてはならない花傘巡行だと小生は想います。

エエ風に調整し、賑やかにお神輿さんが八坂神社へ帰られるそれぞれの巡行がより発展することを切に願いながら見送りましたハートたち(複数ハート)


ラベル:祇園祭
posted by ひとし at 23:47| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

水草刈りを応援する鳴き声

猛暑が戻った京都市内。
湿度が高く蒸し暑さには堪えます。汗が止まりません………


その暑さの中、岡崎の琵琶湖疏水では晴れ



7.23 B.jpg



快適に船遊び〜船




ではないようで…

船上の方々は黄色のライフジャケットを着用。
長い棒を持って、川底を浚うように進んでいます。

単なるオールの役目ではないようで………




7.23 A.jpg



そう手(パー)
 琵琶湖疏水の藻&水草刈り美容院




梅雨時以降、急速に目立った琵琶湖疏水の水草。

南禅寺橋から夷川ダムまでは流れが緩やかで太陽の光が存分に浴び、水草が育ちやすい環境だったのでしょうか?


7.23 C.jpg


肉眼で充分に確認できるほどの水草!!!


コレ、見た目ではエエ情緒なんですが………



琵琶湖疏水は冬の時期に夷川ダムを開放し水位を低下させ、土砂の搬出を行います。
その後、春以降に順調に!?成育した藻や水草。
さらに水源の琵琶湖と臭いが独特なんですねー。
まぁ〜エエ匂いではないんです。。。


この独特臭い近所からご意見が寄せられたのでしょう。


水の重さが加わり、より重量感がある水草を一つ一つ除去モータースポーツ
草取りと言っても捗らず暑いさなかに本当にお疲れさまの作業です。



そのような琵琶湖疏水。
川沿いには木々が植えられ、蝉の鳴き声も最高潮ではないもまあまあの賑やかさ耳

7.23 D.jpg

その根元には…


7.23 E.jpg


 蝉の足跡晴れ




より暑い夏へのあともう少しの準備が整いつつあるようです晴れ

真っ青の空はもうすぐそこです晴れ


posted by ひとし at 22:53| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

参議院議員選挙“低”投票率、目を背ける国民のことを想フ。

21日、参議院議員選挙が行われました。
投開票の結果は皆さんご存じの通り。
参議院議員の新勢力は非改選を合わせて与党系135、野党系107。
“ねじれ”が解消し衆参ともに与党が過半数、いや安定多数を確保し政権運営がスムーズになると予想されています。
これにより最大3年、国政選挙の実施がなくなります。

参議院議員選挙の結果で与党が支持されました。
安倍政権にはとにかく!努力し、明るい未来への実現に向けて邁進していただきましょう!


さてさて手(パー)結果はさておき、気になることを再び嘆きましょう。

■参院選投票率52.61%
「総務省のまとめによりますと、21日投票が行われた参議院選挙の最終の投票率は、52.61%で、前回・3年前の選挙を5.31ポイント下回りました。」(NHKニュースより)

インターネット選挙が解禁となり、投票直前にはツイッターやフェイスブックで大掛かりに投票へ行こう!の呼びかけが行われました。
小生は少々ですが、期待しました。
期日前投票は前回に比べて増加するも、投票日に行けない本来投票している方々が期日前に流れただけ。
政治への関心が上昇せず、逆に低下するとは…嘆かざる得ません。。。

関心がここまで低下するのは何が原因なのでしょう。

東日本大震災が発生し、日本人は様々に思い知らせました。
巨大津波による被災地の復旧復興。その予算が本来の目的以外に食い尽くされる現実。
東京電力福島第一原子力発電所事故による原発再稼働問題。選挙期間中に与党勝利が予想される中で堂々と再稼働申請が行われた現実。

あの絆は
あの心は
あの傷は
あの想いは

もう既に忘れ去られたのでしょうか。

大きな方向を決定するのは政治家であり、政治家を選ぶのは我々国民。
その国民の半数は棄権し、今回の総得票数の半分が自民党への投票。つまりは4分の1の国民によって選ばれた政治家達が今後の日本を運営していきます。
たった4分の1で選ばれた政治家達が国家運営します。


一方で政治家に原因はなかったのでしょうか?

政権交代が実現し民主党系が担当した約3年半。
期待感の高まりに反し、政権公約の非実現と政権公約以外の実現と結果的に場当たり的にやりたい放題の政権運営でした。
政策面では保守政党・自民党の補完勢力で第二保守政党が民主党であるとあぶり出されただけ。

今回の選挙では自民党圧勝よりも民主党がどれだけ惨敗するのかが注目点であったと感じます。
国民は時の政権に対して、目を向けていること。
あざとい運営をすれば、選挙によって落選させる。
思い返せば社会党が自民党と連立を組み、その後衰退し社民党と名称変更した今回は1議席と風前の灯火。
これが民主党の行く末でしょう。

この民主党が犯した政権運営は今回の投票率低下の主因と言っても過言ではないはずです。


では、このままの状態が続いて良いのでしょうか?

当然ながらほぼ皆さんが“いいえ”と応えるでしょう。

安倍首相は日本国憲法改正を掲げています。
約60年前に発布された日本国憲法は現実との乖離があることは間違いないです。
時代に即応した憲法であることは当然であり、改正議論も大いに行うことは言うまでもありません。
96条、憲法改正の要件では国民投票の過半数を得ることと謳われています。
ここで議論になるのは投票数の過半数なのか、有権者数の過半数なのか。
今回の投票率で仮に投票数の過半数であれば、与党獲得の割合。
つまり、国民の4分の1で憲法改正が通過することになります。

無関心が呼ぶ、恐ろしき暴走。

いざとなれば、その時の投票率は上昇する。との考えもあるでしょう。
では、今回の選挙は重要ではなかったのでしょうか。
景気、経済、原発、消費税増税、TPP等々。

あり得るかも知れません。

無関心が呼ぶ、恐ろしき暴走。


いつ目覚めるのか。
底まで落ちなければ目覚めないのか。

忘れやすい文化、飽きやすい文化“国民性”なのか。
アントニオ猪木氏に一人一人闘魂注入して頂く!?なーんてね。


小生はまだまだ諦めていません。
見捨てていません。
偉大なる日本国民だから。
奮い立て!

ラベル:選挙
posted by ひとし at 23:40| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 想フコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

猛暑でも足元はひんやり! 〜下鴨神社御手洗祭

今年も恒例の参拝です!


7.21 B.jpg

7.21 C.jpg


 『下鴨神社 御手洗祭』



19日から22日まで行われている夏の風物詩!御手洗祭。

下鴨神社境内の御手洗池に足を浸し、蝋燭を奉納。
罪や汚れを祓い、無病息災を祈る神事です。


7.21 A.jpg



御手洗池の水位は意外に深く!大人の膝辺りまで浸かります。


さらにどれだけ行列が長くなり参拝人が増えようが、水は冷たく、あちこちで「キャー!冷たい!」との声が響き渡ります耳




7.21 D.jpg


御手洗社前の台に備え、祈りを捧げます。



7.21 E.jpg



台前の池は子供達が自由に歩き回り、いや泳ぎ回り!?ちびっ子プールかのような状態…

あちこちで親の声が「あーあ、ビショビショ…」


まぁ〜予想できたことでしょ!




足を清めた後は手(パー)



7.21 G.jpg

7.21 F.jpg



“御神水”を存分に頂きますわーい(嬉しい顔)



清らかで美味しい御神水を五臓六腑に染み渡り、下半期は素晴らしい日々になること間違いなしでしょ!



明日まで御手洗祭は行われています。
時間は午前5時30分から午後10時まで。

是非、早朝に参拝をオススメします。
清らかな朝を世界遺産であり原生林に守られる下鴨神社でお迎え下さい!




posted by ひとし at 22:57| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。