2013年06月30日

茅の輪巡り2013 A

2013年上半期の汚れを祓いましょう!の第二弾exclamation


改めて手(パー)
茅の輪くぐりの作法は
@拝礼
A左回り
B右回り
C左回り
D本殿へ参拝




京都市内は他に…

@ 北白川天満宮


6.30 D.jpg





A 白山神社


6.30 E.jpg





B 作りかけの 下御霊神社


6.30 F.jpg







さらに今回は京田辺市内も茅の輪巡りですわーい(嬉しい顔)


@ 棚倉孫神社


6.30 A.jpg



JR京田辺駅から一休寺へ向かう途中に鎮座される神社です。
こちらの神社では京都市内では北野天満宮で有名な瑞饋祭りで担がれる瑞饋神輿。

棚倉孫神社にも瑞饋神輿が奉納され継承されています手(パー)



6.30 C.jpg

6.30 B.jpg


二年に一度の製作のようで、次回は今年秋の予定。

京田辺市内の畑から献上された産物がふんだんに使われている神輿。

瑞饋を始めとする新穀、青物、果物が江戸時代、北野天満宮に倣い始められたそうですわーい(嬉しい顔)





A 佐牙神社


6.30 G.jpg

6.30 H.jpg



京田辺市宮津に鎮座される佐牙神社。

6世紀に造酒司を奉ったことことが創建とされ、酒屋神社と並び信仰を集めています。

道理で、小生が前々から気になっていた神社には酒が関連しているようですわーい(嬉しい顔)



夏越しの祓えには近隣の方が人形を納めに多数の方が参拝されていました手(パー)
小生は上半期の祓えは佐牙神社にて手(パー)



境内には神仏分離令にて廃寺となった痕跡とそれ以前の痕跡が手(パー)


6.30 I.jpg


 恵日寺跡


こちらは神仏分離にて廃寺に。
神事や仏事にはされざれの神職と和尚が参加していたとのこと。




6.30 J.jpg


 三山木寺跡



奈良時代にあったとされる寺。

奈良近くの三山木には街道沿いに主要な寺院が高台に設置されていたようです。




歴史ある茅の輪くぐり。
下半期はさらに飛躍することを誓い、気分一新迎えましょう!




posted by ひとし at 23:25| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

JR奈良線改良工事で偶然発見された古墳 〜椿井大塚山古墳

京都・木津川市山城町。
旧山城町を南北に貫くJR奈良線。


6.29 C.jpg


1953年(昭和28年)、当時の国鉄が奈良線拡幅改良工事で石室を偶然、発見されたのが…



6.29 B.jpg



 『椿井大塚山古墳』



破壊が進み全体像は想像域を脱しない状態。


製造は古墳時代初期(3世紀後半)の前方後円墳手(パー)


古墳の規模は…

全長、約175b
後円部直径、約110b
前方部長さ、約80b
前方部墳端幅、約76b
後円部高さ、約20b
前方部高さ、約10b


と推定されています手(パー)



椿井大塚山古墳は自然の地形を巧みに利用して造られた前方後円墳です。

実際に体験出来ることが可能なので見学……
いや!登山してきました晴れ




JR奈良線で分断されているので後円部をくつ



6.29 A.jpg



線路脇の急階段を上ればすぐ!



6.29 D.jpg

6.29 E.jpg



自然の地形を利用しているのが一目瞭然。


ただ、3世紀後半の製造から今日に至るまで、おぼろげながらも後円部の姿を留めていることに感激しますわーい(嬉しい顔)



6.29 F.jpg


鉄道改良工事の際に偶然、竪穴式石室が発見されました。


副葬品として重要な発見が!


卑弥呼の鏡とされる三角縁神獣鏡が32面発掘!
さらに中国鏡が4面の36面発掘されました。

ただ、発見された工事の際に破壊や盗難があり、正式な調査があればさらに数が多かったと推察されています。
他にも夥しい数の副葬品が発見されました。


この発見は卑弥呼畿内説の有力な物証として奈良・箸墓古墳を筆頭とする時代に該当し、日本史上注目を浴びる古墳です。


にも関わらず訪れる人は小生のみでひっそりとしていますわーい(嬉しい顔)





さて、分断された前方部は…後円部から眺めると………



6.29 G.jpg



めっちゃ住宅地やん!!!



そうなんです手(パー)

調べれば、この古墳部に百年以上住まれているとか。

現在ではボランティアで古墳を後世に伝えるべくボランティアで掃除などの管理を行っておられるそうです。


確かに後円部は草が刈られ、管理状態は非常に良く、見学しやすい状態グッド(上向き矢印)
頭が下がる想いです。



6.29 H.jpg



卑弥呼は畿内か九州か。


この論争に決着次第で大きく存在意義が変わるかもしれない『椿井大塚山古墳』




いずれにせよ、今日までの調査では限りなく日本史上重要な古墳であることは間違いありません。

維持管理&伝えることこそが、我々の役目であると汗をダラダラと掻きながら登山した『椿井大塚山古墳』でした晴れ


posted by ひとし at 23:15| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 史跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

♪京都大学交響楽団第193回定期演奏会♪

27日夜に開かれたるんるん



6.28 A.jpg



 『京都大学交響楽団第193回定期演奏会』



に京都コンサートホールまで行ってきましたるんるん


京大オケは今年で97周年、年2回の演奏会で193回目と伝統ある演奏会です。

質の高い公演は評判良く、この日の京都コンサートホールはほぼ満員!!!




プログラムは…
@ J.シベリウス
   交響詩「フィンランディア」
A E.グリーグ
   「ペール・ギュント」より (語りつき)
     (語り:川下大洋 協力:劇団そとばこまち)
B C.ニールセン
   交響曲第2番ロ短調「四つの気質」


客演指揮に新田ユリ氏を迎えての公演です。




客演指揮者の大きな身振り手振りの導きで、演奏がより躍動感や喜怒哀楽が深くなっているように感じまするんるん


一人一人の奏で方が感情と重なり音になる魅力は日頃、あまり親しんでいない小生にも感じ受けますわーい(嬉しい顔)




また2曲目では演奏と語りのコラボレーション。

小生は初体験!

照明効果を取り入れた約50分間の音楽劇です演劇


ただ音を聞いていれば、そのストーリーは理解するには難しいでしょう。

そこで語りが入れば、さらに小生が尊敬する先輩の語り&間でより深くその曲目の素晴らしさが理解できスーッと心に宿りました手(チョキ)




“音楽”の言葉通り、

音を存分に楽しめたひととき。



生演奏の素晴らしさ、

音楽のファンは応援する意味でも是非、ホールで聞いて頂きたいです!




公演後、京大オケへ心からの拍手を送る素晴らしい時間でしたわーい(嬉しい顔)


ラベル:ライブ
posted by ひとし at 20:48| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

子供も大人も、七夕に願いを込めて

雨の季節、真っ只中雨
もうすぐ出逢いの季節なのに………やや欠け月




6.26 A.jpg




ショッピングモールのフロアにて目



ちと規模は小さく感じますが、七夕飾りが設けられています。




意外にも多くの短冊が飾られています。




6.26 B.jpg



あえて文章として書き起こすのは遠慮します。



まあーこれが本音でしょう手(チョキ)





子供さんの願い事が多く飾られていると思いきや、


家内安全やお子さんに対する願い、


大人の切実な願いも多々耳





願い事があるって幸せわーい(嬉しい顔)



短冊に願いを込めて、夜空を見上げましょう。


大雨の日中から今、お月様が綺麗に照らし出していますやや欠け月



posted by ひとし at 23:30| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

茅の輪巡り2013

2013年上半期の汚れを祓いましょうわーい(嬉しい顔)
各神社に“茅の輪”が登場し始めました。

来る6月30日は大祓が営まれます。


茅の輪くぐりの作法は手(パー)
@拝礼
A左回り
B右回り
C左回り
D本殿へ参拝



無病息災を願ってお参りしましょう手(パー)




さて市内各地の茅の輪を参拝&見てきました。



@ 上賀茂神社


6.25 B.jpg

6.25 A.jpg





A 護王神社


6.25 C.jpg





B 平安神宮


6.25 D.jpg





まだまだ市内各地の神社に茅の輪は登場します。


6月30日まで汚れを祓い、無病息災を願って


くぐっときましょー!!!





気分も新たに

新しい一日を迎えましょうわーい(嬉しい顔)


ラベル:神社
posted by ひとし at 23:11| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

東京都議会選挙から、たかが一票。されど一票。と想フ。

東京都議会議員選挙の投開票が行われています。
1ヵ月後の参議院議員選挙の前哨戦として注目が浴びていると専ら報道がなされています。
開票速報を視聴していると国政与党の自民党・公明党を合わせて過半数がほぼ確実との報道です。

まあー東京都民以外は“なんのこっちゃ”との想いが強いニュースです。
一方で政治を主とされている方は東京都議会議員選挙で占められた議席の割合が国政選挙の議席の配分とほぼ同一となるため注目される選挙となっています手(パー)


ここで小生が注目すべき、憂慮すべき点はココexclamation



 『最終投票率が40%に達するかどうか』



午後6時現在の投票率は前回の時と比べて10%強低くなっています。
都民の関心の低さが表れた結果といえるでしょう。
争点の無さが原因とも、非自民票の受け皿の無さが原因とも言われています。

果たして有権者の行動、候補者の訴えとしてこのままで良いのでしょうか?


小生はこのブログで何度か愚見を表しています。

投票する候補者がいなくても、投票所へ向かい、例え白票でも投票すべき。

硬い組織票を持つ政党にとって、投票率が上昇することは最大の懸案と言ってもいいでしょう。
投票率が上昇すると組織票の比率が減少し、組織票候補者は当選圏内にいる確立が少なくなります。
それこそが本来の民主主義であり、国民の民意といえるでしょう。

現行では国政選挙であっても全国の投票率60%台。
地方首長選挙や議会選挙では都市圏になるほど低下傾向です。
投票率30%台や40%台の選挙は月曜朝刊政治面での地方首長選挙でよく目の当たりにします。
なかには20%台も。

この低投票率の中で多数を占めた当選者が代表として我々の生活に直結した政治を行う。

なぜ、これに危機感を覚えないのか?

夏の参議院選挙後、恐らく自民党が大勝し憲法改正が議論としてさらに浮上するでしょう。
ここで憲法改正には国民投票が課せられ、国民の過半数の同意を要すると謳っています。
ただ、この過半数は総有権者の過半数か、投票総数の過半数かは謳っておらず、
国民投票法では投票票数の過半数と明文化されました。

これが実際の国政選挙と国民投票となり、この低投票率で仮に実施されれば、
たかが国民の少数で選ばれた議員により、国民の少数で賛成された憲法が国の骨格を占めることになるのです。


国民は…
何の判断で投票すればよいの、わからない。
たかが一票入れても変わらない。


これは国民が単なる愚かで放棄したことに過ぎないのです。
国民は健全な判断を行えるのが前提であり、性善説で規定されているのです。

我々の祖先が勝ち取った普通選挙。
戦後68年で簡単にこの権利を放棄してよいのか。
成長することで愚かになったのであれば今一度、原点に強制的に戻るべきなのか。

気付けば遅かった。

と、ならないように投票を喚起することを候補者も国民も考えるべき今日だと小生は想います。



たかが、一票。
されど、一票。


ラベル:政治 選挙
posted by ひとし at 23:03| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 想フコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

献血10回目の表彰に………

ちょっと気分転換、意識転換ID
で、献血に行ってきましたわーい(嬉しい顔)



すると、今回の献血でなんと!




通算10回目ーーーーどんっ(衝撃)





日本赤十字社から10回目の特別品を頂きましたプレゼント



6.22 B.jpg



なにやら大きな箱が……



6.22 C.jpg



献血は単なるボランティア。

それが10回の達成で恐れ多いですなー


と、感じつつもこの水色のまあまあ大きな箱の中身にドキドキワクワク……



開けるとパンチ




6.22 A.jpg



 お猪口わーい(嬉しい顔)




むむむ?

小生へのプレゼントとしては絶妙でしょ!

ってぐらいに似合っているプレゼント。


もしかして、日本赤十字社は知っていたのか?

血液のデータでバレているのか!?



むーーー様々なことが頭の中をぐるぐると回り始め………

る、訳でもなく、


お猪口に満々と日本酒を注げば、さぞ美味しわーい(嬉しい顔)


なかなか乙なプレゼントをするじゃありませんかと、お酒が進む月夜でしたやや欠け月




ところで、日本赤十字社のサイトによると献血の回数に応じて表彰制度が設定されていますメモ
10回、30回、50回、以後50回ごとにガラス品を贈呈。
70回以上の場合、銀色有功章。
100回以上の場合、金色有功章。
50回以上の献血者で満60歳を迎えた後に献血をした方にガラス器と感謝状を、又、献血50回以上の献血者で満68歳を迎えた後に献血をした方に感謝状をそれぞれ贈呈されています。

健康優良児の皆さん、たまには献血に行きましょう手(パー)



ラベル:献血
posted by ひとし at 22:10| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エエとこ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

株主総会2013 〜オムロン

今年もこの季節がやってきましたイベント




6.20 A.jpg


 『オムロン株式会社 第76期定時株主総会』




ホテルグランヴィア京都3階・源氏の間で開かれました。

昨年と同様の会場ですが、昨年までと配置が真逆になったような…違うかな?



6.20 B.jpg



多くの株主が出席して定時で開会時計


昨年度の業績報告、来年度の業績見通しを議長役の社長を主に映像なども含めて進められます。


リーマンショック以降、順調に業績は回復。
全体的に明るい雰囲気が漂います晴れ

株主の皆さん&経営者はアベノミクスの恩恵に授かっているようです…小生はいまいちですが…




オムロン株式会社の質疑応答で気になったことを耳

@為替レートは1ドル=90円、1ユーロ=120円を前提。
  →1円動けば、ドルでは5億円、ユーロでは4億円左右される。

A中国の工場では労働争議はある。しかしながら関係が良好で大事までには達していない。
  →今後、東南アジアに分散化を検討。

B今年の他社での株主総会では地震対策の話しをされている。オムロンでは話しがなかった。
  →大地震の対策は進んでいる。総会途中での地震対策なども検討していく。

C作田会長の退任と経営再建中・ルネサス社長へ転身するにあたって。
  →作田会長に一言と言われ、今後ともよろしくお願いします!と。会場は暖かい拍手と笑い声。



B番目は思わず“なるほど〜”と感心しました手(チョキ)


南海トラフを起因とする大地震や全国各地の地震対策は日本の企業にとっては必要不可欠。
さらに、どのように会社を維持するのか、従業員の安否や家族の安全の対策等々。
東日本大震災以降、必要不可欠のことであり、上場企業では特にリスクとして見られているのでしょう。


企業も株主も様々なリスクを軽減し、確かな成長&利益を得ようと動いています。



約90分で株主総会は終了。



オムロン株式会社株主総会、今年のお土産はプレゼント………




 「電動歯ブラシ!」




うわっ!持ってるしひらめき

今年も素晴らしいプレゼントにただただ感謝。
誰にプレゼントしましょプレゼント


ラベル:株主総会
posted by ひとし at 22:09| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

佐渡の日本酒! 『純米大吟醸 北雪 超淡麗』

本日の晩酌はコチラわーい(嬉しい顔)




6.19 A.jpg



 『純米大吟醸 北雪 超淡麗』




新潟県佐渡島の酒造会社、北雪酒造のお酒です。



“佐渡島の日本酒!”

初めてです!
これは是非、試飲しなければと頂きましたわーい(嬉しい顔)



超淡麗の原材料は…


佐渡産の酒米に


佐渡産の米麹を


使った『純米大吟醸 北雪 超淡麗』なんです。



その他は…
精米歩合は40%。
日本酒度は+1。
アミノ酸度は1.1。
酸度は1.3。




佐渡のお酒って言われてもイメージは無く、新潟のお酒と同じ舌触りかなと想像すると…



ところがどっこいexclamation×2




シンプルで、

膨らみがあり、

キレがいい、



実に素朴で非常に美味しい『純米大吟醸 北雪 超淡麗』ですわーい(嬉しい顔)




お猪口に一杯、静かに飲んでくださいわーい(嬉しい顔)






ラベル:日本酒
posted by ひとし at 23:20| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

紫陽花寺参拝後の至福!『茶処 大久ら』

あじさい寺・矢田寺の紫陽花を見た後には、


 花より団子わーい(嬉しい顔)




6.18 C.jpg


 『茶処 大久ら』



ちょいと高台に佇むお茶屋さん。

門前から階段をはるかに上がり、そして下山。
当然のようにお腹の虫が騒ぎ立てます。


奈良盆地が一望できるテラス席でちょいと休憩ですわーい(嬉しい顔)




6.18 A.jpg


 わらびもち




6.18 B.jpg


 茶席、グリーンティー




真夏の日差しが感じられる梅雨の中休み晴れ
紫陽花が添えられ、一層の清涼感を覚えますわーい(嬉しい顔)



ほんのり甘さを感じるわらびもち。

そして、グリーンティー。



冷茶の旨味。




これぞ贅沢の一時ですわーい(嬉しい顔)



posted by ひとし at 02:23| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エエとこ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。