2013年01月19日

比叡山への主要道“雲母坂”と“雲母寺跡”

京都市内を歩けば、どこかで“石碑”にぶつかります。

歴史的価値を今に伝える“石碑”


石碑があれば、歴史好きは興奮する。


そんなコトありませんか??わーい(嬉しい顔)





1.19 A.jpg



「雲母坂」の“案内板”
「雲母寺跡」の“ミニ石碑”




京都と比叡山を結ぶ道“雲母坂”。

修学院離宮脇から音羽川沿って比叡山へと向かうと音羽川ダム群が見えます。
その脇から山道に逸れる現場にひっそりと案内板は佇んでいます目


雲母坂はその昔、比叡山へ勅使が通った道であり別名・勅使坂とも呼ばれていました。

平安時代後期には比叡山の僧兵が日吉神社の神輿を担ぎ都へ押し掛けた・強訴にも使われた主要道でした。



“雲母寺”とは平安時代に建立された寺院です。
約2.4bにも及ぶ不動明王を本尊として奉り、雲母不動堂とも呼ばれてました。
本堂の他、滝や方丈などを備えた立派な寺院だったそうです。
御不動さんがあったことから雲母坂の別名に新たに加わり不動坂とも呼ばれていたそうです。

明治時代に廃絶となり、不動堂と不動明王は赤山禅院へと移されました。




もし、現代に雲母寺が伝われば、雲母坂から南に位置する狸山不動尊と並ぶお寺として繁栄していたことでしょうわーい(嬉しい顔)


ラベル:京都市左京区
posted by ひとし at 18:19| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 史跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。