2013年01月05日

巳年ですが… “幸運の白馬” 〜上賀茂神社

初詣の続きの続き晴れ


1. 5 B.jpg


 『上賀茂神社』




昨日に続いて巳年ですが………



1. 5 A.jpg



二の鳥居前の「神馬舎」の主!

 「白馬“神山号”」




凛々しい姿に羨望の眼差しを向けずにいられませんわーい(嬉しい顔)


白馬“神山号”は7日の白馬奏覧神事に活躍します!
1月7日に白馬を見ると年中の邪気が祓われるという中国の故事に因んだ宮中行事を神事にしたものです手(パー)


今日の白馬“神山号”は参拝者が用意された人参を食べて満足気味!
肌寒い青空の下、京都産業大学馬術部の方の手により夕方には退散。
お腹は満足、参拝客は見て満足!相思相愛ですねーるんるん





さて、上賀茂神社の大絵馬を拝見しましょう手(パー)


1. 5 C.jpg


1. 5 D.jpg



白蛇と琵琶



いずれも白蛇が天を望み、上昇を象徴してますグッド(上向き矢印)


それらを相次いで拝見できるとは、幸せですわーい(嬉しい顔)




本殿前にはまた風変わりな“蛇”がいらっしゃいました目


1. 5 E.jpg


チェーンソーアートの“巳”



天を望み、天に向かうよう一歩一歩踏みしめていかなければなりません手(チョキ)

決して天に昇るわけではないのでふらふら




posted by ひとし at 21:56| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

巳年ですが… “幸運の白イノシシ” 〜護王神社

初詣の続き。

京都御所西側に鎮座される…



1. 4 D.jpg


 『護王神社』



和気清麻呂公と姉、和気広虫公を御祭神として祀っています。


御王神社はそれ以上に「いのしし神社」として有名ですわーい(嬉しい顔)

なぜ?猪なのか??


その昔、和気清麻呂公が道鏡事件で大隅国へ配流されるとき、足萎えで立つこともできませんでした。
その時、猪のご守護によって不思議と立って歩けるようになったという故事に因んでいます。

明治時代の1890年(明治23年)、崇敬者によって境内に狛犬ならぬ霊猪像(狛いのしし)が奉納され「いのしし神社」として親しまれています。


ご利益は猪によって歩行可能になったことから足腰の健康、病気怪我回復が授かると仰がれています。



1. 4 E.jpg


舞殿にはコチラも大絵馬が奉納されています。




さてさて、巳年なのにいのしし神社と猪ネタですが、参拝するとヘビならぬ本物の猪がお出迎えですわーい(嬉しい顔)



まず縁起がいい!?

“幸運の白イノシシ”


1. 4 A.jpg


 「かりん」ちゃん。


平成21年5月12日生まれ。



なぁ〜んて案内を目撃目


いやぁ〜何年であろうが、我が神社の信仰の対象は当然ですが、ぶれませんパンチ



コチラの本物の猪。

大分・宝八幡宮から有効親善大使として来られました手(パー)


さらにさらに御付のイノシシさんも!


1. 4 B.jpg


 「あんず」ちゃん




1. 4 C.jpg


 「もも」ちゃん




猪突猛進する勢いでエサを食い尽くしている時間で下を向いたまま。。。


猪は獰猛のため手などを出さないようにとの注意書きまで。




巳年なのに猪をかなり先取りし、幸運の白イノシシまで拝見できるとはどんっ(衝撃)


コレは幸先エエ感じではないですかーーーー!



いつまで親善大使としていらっしゃるかは存じませんが、幸運があれば明日以降にその運が巡ってくるかもしれませんわーい(嬉しい顔)



posted by ひとし at 22:57| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

白蛇舞う 下鴨神社へ初詣

1月2日は恒例!“親族飲み会”の過酷さは極まり、毎年ブログは定休日状態になってます。
お酒で清められた後は改めて、初詣ですわーい(嬉しい顔)



1. 3 C.jpg


 『世界遺産 賀茂御祖神社(下鴨神社)』




大勢の初詣の方でごった返し、神様も大忙しのコトでしょう。


ここ最近の傾向でしょうか?

神社の正しい参拝が浸透したのか?

手水舎で清めようと向かえば………どんっ(衝撃)



1. 3 E.jpg



長蛇の行列どんっ(衝撃)



初めてです!



初詣で手水舎に並んだのは初体験。



正しい作法で清める。エエ傾向ですが………忘れないで下さいね手(パー)




境内に入れば、あちこちで手水舎と変わらず長蛇の行列、続き。




縁結びの相生社。
各干支の摂社。



しかしながら以外にも本殿には行列無く、

「あれ?」

と、神様は戸惑っていらっしゃるのでしょうか。




1. 3 A.jpg



縁起が良い白蛇の躍動感!


毒々しい!?




巨大な絵馬は各神社に掲げられてるので、見回るのも面白いかな〜アート





さて手(パー)お参りの後は“花より団子”


1. 3 B.jpg


 “甘酒”



程良い生姜がにわか雪が降り、底冷えに晒された身体を温められますわーい(嬉しい顔)

店員さんにはお子さんも奉仕され、より心が温まります!年かな………




さらに、下鴨神社名物レストラン


1. 3 D.jpg



 “みたらし団子”




大人になっても美味しい“みたらし団子”は雰囲気と味がマッチするとき手(チョキ)


程良い大きさと甘さ控えめの蜜。



下鴨神社参拝の折には是非、どうぞわーい(嬉しい顔)




posted by ひとし at 22:12| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

除夜の鐘から2013年へ

大晦日から元日へ。
今年も恒例!法然院へ除夜の鐘を突いてきましたわーい(嬉しい顔)



1. 1 C.jpg


午前0時前。


行列は庭園まで続く、約50人強。

恐らく45分待ちぐらいでしょうか。



山から下りる冷気で底冷えする中、ようやく鐘を見ると…



「108回目♪」



そして「3巡目〜」と。





法然院は参拝すれば、誰でも除夜の鐘を突くことが出来ます手(パー)
一人一回。
これほどオープンなお寺も京都市内では珍しいのではないでしょうか。
もし良ければ、今年末でも!

ただ、寒さ対策は忘れずに雪





そして、今年の除夜の鐘やや欠け月



非常にエエ鐘の音が響き渡りましたわーい(嬉しい顔)



2013年、エエことがありますねるんるん






その足で氏神様の八神社へ初詣くつ


1. 1 B.jpg



本殿へ参拝。

御神酒を頂き、感謝の気持ち一杯です!



境内では…


1. 1 A.jpg




“おぜんざい”と“御神酒”の奉仕を頂きましたわーい(嬉しい顔)




御神酒は紙コップに溢れんばかりに頂きましたビール




当然ながらお神籤も忘れずに手(パー)


結果は………



まぁ〜エエでしょわーい(嬉しい顔)





2013年。

例年通りにスタートしました。

元日からエエことが転がってましたわーい(嬉しい顔)


エエことを発見し、エエことと感じる。

2013年も何卒、宜しくお願い申し上げます。





posted by ひとし at 23:51| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。