2012年11月30日

つけ麺・渡辺製麺

西院に店を構える、「本格つけ麺の関西パイオニアのお店」(グルメ本より)のつけ麺を食べてきましたレストラン



11.30 B.jpg

11.30 A.jpg



阪急西院駅、西大路四条交差点から南へ1つ、細い路地を西へ進んだトコ。



 『渡辺製麺 西院店』




1号店は大阪・豊中市。2号店が西院だそうです。

ここのお店は“独自の自家製麺”を太麺、中太麺、平打ち太麺の3種類から選択。
次ぎにスープを濃厚魚介味、ベジポタ味、辛肉四川醤味の3種類から選択します。

初めてなので、券売機の一番左上のオススメであろう!ボタンを押して注文。




 『太麺 並200c 濃厚魚介味』





それぞれ麺の茹で時間、つまり待ち時間の目安まで表示と大変親切です。
太麺は約7分。

ドキドキワクワクする時間が十分に楽しめる時間です時計




濃厚魚介スープは旨味が沈んでいるので麺を底から掬い上げるようにして頂くと十分に絡んで濃厚スープが美味しく頂けますわーい(嬉しい顔)


やはり、小生は濃厚が好きなのか…スープの濃さ&旨さに舌鼓を打ってしまいますグッド(上向き矢印)


恐らくいずれの麺も程良く、スープとの相性も考えられているので総じて絡み方は一緒で好みでしょう。



小生が食した中で濃厚さの度合いはごく一般的だと感じますが、全てにおいて“美味しい!”とパーフェクトなつけ麺に笑みが零れますわーい(嬉しい顔)



平日の昼間にはお得なサービスがexclamation×2



「ひとくちライスを無料で残ったスープにお入れします!」




雑炊のように味わって頂ける嬉しいサービスまで!
つけ麺スープはそのままでは濃いのでほんの少し!薄めて頂くとこれまた乙るんるん


他のスープなど色々と試すためにまた今度、寄りたくなるつけ麺屋さんでしたレストラン


『つけ麺 渡辺製麺西院店』
営業時間
日中時間帯
月曜〜金曜11:30〜14:30
土日祝11:30〜15:00

夜時間帯
月曜〜土曜17:30〜24:00
日曜祝日17:30〜22:00

無休!



ラベル:つけ麺
posted by ひとし at 23:57| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

暴れ川は山を貫いてしまえ!

11.29 A.jpg


山を貫くトンネル。


このトンネルから水が滴り落ちる!?



11.29 B.jpg


トンネルって…車が走って車(セダン)車(セダン)車(セダン)



ではないのです!



歴とした“川専用のトンネル”なんです。



では、なぜこれだけ大きなトンネルが造られたのでしょう?



この川は以前にもご紹介した『天野川』手(パー)
生駒山地を源に交野市、枚方市から淀川へと注ぎます。

トンネルが造られた中流域は磐船神社がある、磐船渓谷に当たります。
急峻で川幅は極端に狭く、度々氾濫が発生していました。

11.29 C.jpg



画面右側のV字に注ぐ箇所が本来の天野川です。


橋の上から本来の川を望むと…


11.29 D.jpg



“小川”レベルと言っても過言ではないはず目



この幅にトンネルから滝のように注ぐ水の量が流れていたとはやや想像が出来ないほどです。



そこで天野川改修工事計画を策定。

1992年(平成4年)から2001年(平成13年)まで事業を実施されました。




上流に目を転じれば…

11.29 E.jpg

11.29 F.jpg



トンネルと言えども川幅が狭まるために堰が造られ水量が調整されています。



トンネルの巨大さは道路用よりはるかに大きな設計が施されています。



直径は10bどんっ(衝撃)



これは100年に1度の大雨に対応できるような設計です。

時間雨量100mm弱の時に毎秒340立方bの水量を流すためだとか。




磐船神社や下流域を洪水から護り、磐船渓谷を最低限に壊わさずに両立された最適の結果だったのでしょうわーい(嬉しい顔)

ただ、国道168号線を走っていると毎度、驚いてしまうほどの存在感。


磐船神社の神様もビックリの『天野川トンネル』ですあせあせ(飛び散る汗)



posted by ひとし at 23:42| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エエとこ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

山の紅葉 〜生駒市高山



11.28 A.jpg




昨日の奈良・生駒市高山。



県道を北上すれば、山々の恵みを感じられる色鮮やかな風景が目に飛び込んできますわーい(嬉しい顔)




古から続く、地元の木々の数々。


秋になっても色付かない山は本来の姿ではないのです!


山奥にその姿を見つけるとホッとしまするんるん







 ♪♪あの頃へ♪♪


雪が降る 遠いふるさと
なつかしい 涙になれ

春を待つ 想いは誰を
幸せに できるだろう

あの空は あの風は
いまも胸に 限りなく

あたたかい あの頃へ
君をいつか つれて行けたら

街の灯が 瞳に灯る
神様の 願いを見た

夢だけで 終わらないこと


あといくつ あるのだろう

あの星は あの雲は
いつも愛を 見つめてた

美しい あの頃へ
君をいつか つれて行けたら
あの頃へ

やさしさも さみしさも
いつも愛を 知っていた

あたたかい あの頃へ
君をいつか つれて行きたい
あの頃へ





posted by ひとし at 18:19| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

どんぐり ころころ♪ 〜高山八幡宮

紅葉で見上げてばかりですが…どんっ(衝撃)



11.27 A.jpg




地面では“どんぐり”を発見わーい(嬉しい顔)




あちこちに大量のどんぐりが落ちていて、小学生や家族連れのお母さんが子供と一緒に拾っている姿を見掛けました。




ついつい…


“どんぐり ころころ どんぶりこるんるん


と、口ずんさでしまいませんか?
小生は小さい秋♪と同じぐらい秋に口ずさむ童謡トップ2でするんるん




どんぐりと紅葉が楽しめる場所はコチラ手(パー)



11.27 B.jpg

11.27 C.jpg



 『高山八幡宮』




奈良・生駒市高山に鎮座される高山八幡宮。
奈良県道7号線、富雄川上流左岸にあります。

創建は749年。
奈良東大寺・大仏さんの守護神として宇佐八幡の八幡神を迎え、大和入りした場所が高山八幡宮とされています。

御祭神は足仲彦命、誉田別命、息長帯比売命。

室町時代に再建された際に三間社流造として造営。
室町には珍しい建物で国の重要文化財に指定されています。



境内の長い階段を上れば、厳かな本殿に到着。

キリっ!と締まった雰囲気に思わず背筋が伸びます!

県道がすぐそこに走っているにも関わらず、鳥の鳴き声と風で揺れる木々の音のみ。
エエ感じですわーい(嬉しい顔)




11.27 D.jpg


手水舎にはまだまだ楓の紅葉が楽しめます手(チョキ)



階段には大量の楓の葉が降り注いでます。

そして、すぐ傍にもどんぐりを発見!



晩秋から初冬の楽しみはまだまだ続きます手(チョキ)




posted by ひとし at 18:32| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 紅葉 〜そうだ京都行こう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

雨滴の紅葉 〜霊鑑寺門跡

未明から降りしきる雨は昼過ぎまで止まず雨
朝一番に雨の紅葉狩りでもわーい(嬉しい顔)と行ってきました雨




11.26 A.jpg


11.26 C.jpg



 『谷の御所 霊鑑寺門跡』




臨済宗南禅寺派、円成山霊鑑寺。
1654年(承応3年)に後水尾天皇が寺と山号を勅許し、皇女を入寺されたことが創建。
江戸末期まで5人の皇女、皇孫が寺に入り“門跡”を称するように。

日頃は一般公開は行っていませんが、秋には特別公開されています。




その理由はもちろん手(パー)美しい池泉鑑賞式庭園わーい(嬉しい顔)


庭園の奥には大文字山と東山連峰。


山へと連なるかのように高低差を利用し庭園の奥行きがより広く感じられますわーい(嬉しい顔)



11.26 C.jpg



お堂内では歴代天皇遺愛の書物などが数多く所蔵されています。



さてさて、庭園内を散策すれば…



11.26 F.jpg


11.26 E.jpg



苔で覆われているはずの庭園は一面、楓の鮮やかな色彩で敷き詰められてしまいましたひらめき



11.26 D.jpg



いつも雨は苦手な小生ですが…



雨も滴るエエ男ってことでわーい(嬉しい顔)



posted by ひとし at 21:24| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 紅葉 〜そうだ京都行こう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

最高学府の自由さは最高! 〜京都大学11月祭

明日(25日)まで開催中どんっ(衝撃)




 『京都大学第54回11月祭』





いやぁ〜相変わらず、様々な人種がウロウロしてるもんですわわーい(嬉しい顔)



女装、コスプレ、軍隊、制服姿、やや裸体………



ここには日本の文化が凝縮されているのでしょうかるんるん





さらにどんっ(衝撃)



11.24 A.jpg




大学構内には謎な人が以外にも………





11.24 B.jpg




探検部。



この人達はずーっと探検してるのでしょうか?


さらに、模擬店にはこたつで接客。




と、思えば…“こたつ”で一つのイベントが成立してたり晴れ


何でもあり!は素晴らしい!!!





感銘を受けた展示を一つわーい(嬉しい顔)



11.24 C.jpg



書道部。




展示を表す“書”。


二回生が一画、一画…リレーで描いた作品アート




躍動感の素晴らしさは最高!


抜群ですグッド(上向き矢印)






びっくり箱があちこちに転がってる京都大学11月祭は25日までです手(パー)




ラベル:学園祭 京都大学
posted by ひとし at 23:56| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エエとこ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

赤山燃ゆ! 〜赤山禅院・数珠供養

三連休初日。
あいにくの天気にもかかわらず、朝から京都は.COMあせあせ(飛び散る汗)


毎年11月23日は洛北・赤山禅院の『数珠供養』ですわーい(嬉しい顔)


11.23 A.jpg


天台宗総本山延暦寺・赤山禅院は古より皇城表鬼門を守護する寺として有名です。
その証として、階段上がってご本堂屋根上には鬼門を守る“猿”が飾られています。

 “魔去る”


その他、商売繁盛や掛け寄せの神としても信仰を集めています手(パー)

11月23日を「数珠供養」の日と定め、古くなった数珠を炊き上げ供養し、さらに数珠の特別授与が毎年行われています。


11.23 B.jpg


例年、午前の部と午後の部の二部構成ですが、今年はやや早めの授与にやや慌てた小生。

紅葉が真っ赤に染まる境内に大勢の参拝客が供養と紅葉狩りを楽しんでいましたわーい(嬉しい顔)



11.23 C.jpg



紅葉以外にこの季節に見られるだけで得をした気分になる…



11.23 D.jpg



寒桜がいくつも花を咲かせ、真っ赤や黄、橙に淡いピンクで境内を和ましていました。


寒桜は12月まで楽しめるそうです手(チョキ)




赤山禅院では「もみじ祭り」を11月30日まで行っています。


11.23 E.jpg



その名のとおりexclamation


赤く燃ゆ山々の眺望を堪能しましょわーい(嬉しい顔)



posted by ひとし at 17:50| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 紅葉 〜そうだ京都行こう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

振舞酒に参戦!『教員酒場』 〜京都大学第53回前夜祭

2年ぶりに参戦ビール



11.22 A.jpg


 『教員酒場』




京都大学第53回前夜祭。


大学の教職員の方が協賛金を出し合い、皆さんに振る舞われる酒わーい(嬉しい顔)



大きな樽酒3つに群がる人、人、人。




教員酒場には飲酒心得五箇条なるものが目



11.22 B.jpg



一.飲むなら酔うな 酔ったら飲むな
一.乗るなら飲むな 飲んだら乗るな
一.飲むなら食べろ 食べてから飲め
一.未成年者は飲むべからず
一.未成年者に飲ますべからず




素晴らしい誓文でするんるん




行列は教員酒場開店時のみ。


その後はすぐにお酒を飲むことができるほどに。




まぁ〜しかし!

日本酒に多くの方が群がり、そして飲む。


愛されるお酒はエエことですわーい(嬉しい顔)




約3時間ほどで樽酒を斜めにし、残りの一滴まで飲み干すほど。



そして…



11.22 C.jpg



恐るべし、京都大学の伝統よexclamation



ラベル:学園祭 京都大学
posted by ひとし at 22:13| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

終着駅・八瀬比叡山口駅の紅葉

洛北を走る、叡山電車電車



11.21 B.jpg


 「八瀬比叡山口駅」



出町柳駅から15分ほど電車に揺られると比叡山の麓に到着します。
1925年(大正14年)に八瀬駅と開業、80年を超えます。
ドーム状の屋根に覆われた駅は終着駅の雰囲気たっぷりですわーい(嬉しい顔)




駅すぐに高野川がS字を描くように流れ、比叡山に続く山肌と高野川周辺の木々は紅葉真っ盛りですわーい(嬉しい顔)


11.21 D.jpg




八瀬比叡山口駅改札口から回れ右をすれば目


11.21 C.jpg

11.21 A.jpg




木造の橋を渡り、紅葉のトンネルを歩むと、比叡山へ向かう「ケーブル八瀬駅」


11.21 E.jpg




麓からケーブル沿線を眺めれば赤、黄、橙と色鮮やかな木々が出迎えています。


市内の山々は全国的にも人工植林の割合が少なく、その土地風土に合った木々が多く残っています。
本来はこの風景が日本全国あちこちにあったはずなのに…

まだまだ楽しめる錦秋の京都ですわーい(嬉しい顔)




posted by ひとし at 12:33| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 紅葉 〜そうだ京都行こう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

錦秋の空に天高く祈りの炎 〜城南宮・火焚祭

11月20日は城南宮の火焚祭です手(パー)


11.20 G.jpg



近代の京都御所、裏鬼門を護る“方除の大社”として信仰に厚い城南宮です。
一帯には鳥羽離宮が造営され、天皇や上皇が行幸した地としても有名です。
現代では交通安全の神社として車の祈祷などでも信仰されています。






 『城南宮・火焚祭と火焚神事』



11.20 B.jpg




午後2時。
通常・車の祈祷所として使われている箇所に火焚祭が行われます。
寒風吹きさす中、宮司や神官の祝詞奏上などが厳かに進められます。


そして禰宜による大祓の詞を参拝者で唱和するなか、多くの火焚串が炊き上げられます手(パー)



11.20 D.jpg


11.20 A.jpg


11.20 E.jpg




全ての火焚串が炊き上げられた後、二人の巫女による“浦安の舞”が奉納されます。


11.20 F.jpg



途中、小雨が降る中、最後まで多くの参拝客が火焚祭・火焚神事を見つめ、祈願していました。



最後に宮司さんから挨拶。

寒い中、参拝下さりと感謝の言葉。
さらに、小雨を“清めの雨”と表現するなど、全ての事柄に感謝と意義あることと表現されました。
古事記1,300年や明治天皇崩御100年に当たることなど今一度、伝統や文化を大切にする年であること、

等々、大変有り難い言葉に深く感銘を覚えた火焚祭でしたわーい(嬉しい顔)



posted by ひとし at 21:48| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。