2012年05月31日

京大でビフテキランチ!小生は京大やったっけ!?

勘違いも甚だしいパンチ
京都大学正門、時計台前のカフェレストラン『カンフォーラ』でランチです喫茶店


5.31 B.jpg


5.31 A.jpg


5月の企画ランチ『ビーフステーキ ランチセット』


スープとパンorライス付、168円プラスでドリンクあり。

ソースは粒マスタードソースかポン酢+大葉+大根おろしのジャパニーズソースの2種類が用意されています。


値段は630円!

なんといっても安いexclamation


安いからって侮ってはならないexclamation×2



肉の旨み、脂の旨みが想像以上にたっぷり!

これにライスと食せばありふれたコラボも満点!満足!です。



『カンフォーラ』は学生以外にも近隣の方にも解放されているレストランカフェです。


店内はガラス張り、明るく清潔感。

街中のカフェと何ら遜色なく、味も評判でテレビや雑誌でも度々取り上げられていますシャープダイヤル



ランチ時間帯にも近所のママさんの集まりから、学生さんがオシャレ!?に昼からビールで乾杯。


学生に負けじと先生と思しき方もビールで乾杯ビール


さらに、海外からの観光客も!!!


そして、修学旅行シーズンに来ている中学生までも『カンフォーラ』でランチにはちとビックリるんるん



誰しも利用できる『カンフォーラ』の名の由来を聞けば、京都大学のシンボル「楠」の学名、Cinnamomum camphoraから。



気分だけでも京都大学を味わい方にもオススメのカンフォーラでしたわーい(嬉しい顔)



ラベル:京都大学
posted by ひとし at 18:10| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月30日

一休〜〜〜さんっ!!!

京田辺市、青紅葉が誘う名刹へ行ってきましたわーい(嬉しい顔)



5.30 A.jpg


 酬恩庵一休寺




生駒山地の麓に佇む臨済宗大徳寺派のお寺。


“一休寺”

その名の通り“一休さん”が晩年を過ごしたお寺として有名です手(パー)



創建は鎌倉時代の正応年間(1288年〜1293年)とされています。
高僧・南浦紹明が開いた妙勝寺が前身にあたります。

鎌倉時代末期に戦禍を被り衰退。

その後室町時代中後期、一休禅師が1456年に酬恩庵と命名し再興を果たし今日に至ります。




方丈庭園、虎丘庭園の二つ庭が名勝指定を受け、東山文化を今に伝えています。


5.30 C.jpg

コチラは虎丘庭園。


荒々しい庭石からコンパクトながらも雄大さが感じられるエエ枯山水庭園わーい(嬉しい顔)


縁側からぼーっと眺める。

悠久の歴史を感じる贅沢な時間ですグッド(上向き矢印)




5.30 B.jpg


境内にある一休さん!?の石像手(パー)



一休禅師は…

第100代・後小松天皇の皇子と言われています。


アニメ「一休さん」のトンチ坊主で清廉なイメージが強いですが………


伝わる一休禅師は…


「自由奔放!」


坊さんで戒律で禁じられている飲酒&肉食&女犯&男色を行う。

歴史ある文書や証明書を燃やす。

杖の頭にドクロを用いる。


奇行、と言ってもエエぐらいです。

しかしながら戒律や形式、伝統に捕らわれない点は共感を呼んだそうです。




そう!

このような一休禅師も後小松天皇の皇子とされています。


境内にある一休の墓所は宮内庁の管轄。


一休さんって実は高貴な方なんです!



posted by ひとし at 21:50| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 紅葉 〜そうだ京都行こう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月28日

哲学のせせらぎ、ホタル舞う

ホタルが北白川疏水や哲学の道で舞い始めましたひらめき



10秒撮影で頑張った結果ですあせあせ(飛び散る汗)



5.28 A.jpg



よ〜く見ると下の方にホタルの軌跡があるのですがひらめき


厳しいです…





ひらめきひらめきオススメスポットはひらめきひらめき



@ 哲学の道では“大豊神社付近”

A 銀閣寺道周辺では“ラーメンますたに から志賀越道まで”

B 北白川では“東鞍馬口通りから駒井家住宅まで”



捕まえず!
静かに!

ホタルを鑑賞しましょうわーい(嬉しい顔)




この季節、夜に家を出た時に漂う“夜の空気の匂い”が好きですわーい(嬉しい顔)

その匂いを感じるとホタルが出てるサインです手(チョキ)



ラベル:ホタル
posted by ひとし at 22:51| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エエとこ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

メガミルク喫茶店

私は牛乳が好きです。



5.27 A.jpg




近くのスーパーで発見exclamation


右側は通常サイズの“明治おいしい牛乳”




「明治おいしい牛乳」が発売された時は驚きましたパンチ



“おいしい”名乗る傲慢さが飲むと立証された旨さ。


おいしい牛乳がいつでもどこでも安心して購入できる嬉しさ。




明治も森永もおいしいと名乗るだけの品質が保証されているコトは消費者として贅沢ですわーい(嬉しい顔)



さらに!これほど大きな牛乳があれば、不自由なく。。。



いやいや〜一日三食以上に牛乳を飲む&利用しなければならなくなり辛いだけ。



何事にもほどほどがエエんです喫茶店




5.27 B.jpg

乳製品メガ三兄弟はおまけひらめき



ラベル:おいしい牛乳
posted by ひとし at 21:47| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

この地下鉄の吹き上げ口危険です。

なんとなく違和感ありませんか?



5.26 A.jpg




危険
この地下鉄の吹き上げ口危険です。
立ち入らないで下さい。




この地下鉄の吹き上げ口危険です。




ん〜




“は”が足りない?


“この”が不明確?


リズムが不安定?





危険
立ち入らないで下さい。





とにかく“危険”ですパンチ



ラベル:看板
posted by ひとし at 20:38| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

続!山形のだしっ!『山形名物 塩麹するめ三升』

またもご飯のお供に美味いモンがやって来ましたわーい(嬉しい顔)




5.25 A.jpg



 『山形名物 塩糀するめ三升』




山形・尾花沢市、尾花沢食品。
以前『山形尾花沢のだしっ!』ご紹介しました。その続編ですレストラン





あつあつご飯の上に『塩糀するめ三升』をたっぷり乗せると!!!



今、話題の塩糀にスルメのあの旨み!



さらに、細かく刻まれ&シャキシャキの野菜!



ややピリ辛も野菜とスルメの絶妙なタッグに完全にノックアウトわーい(嬉しい顔)




お茶碗のご飯が見る見るうちに無くなって………




美味しいですわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)





ご飯以外にも冷や奴にも合うんじゃないかなー




posted by ひとし at 17:28| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

変貌する街に、変貌したかも知れない路。

天王寺駅跨線橋から眺めます目



5.24 A.jpg




JR大阪環状線や大和路線の線路の南側に柵で仕切られたもう一本、単線の線路が見られます。


鉄路は赤錆。
架線柱も錆びてます。。


ぱっ!と見ただけでも長年、電車が走っていないことが想像できます。




この線路は…


 「南海天王寺支線“跡”」



1993年(平成5年)まで93年間走っていた南海電車の路線です。
南海電車は住吉大社方面と大阪キタとの連絡線として天王寺と天下茶屋を結ぶ路線を開通させました。
さらに、線路規格が同一のため一時期は直通運転まで行っていたそうです。

その後、大阪環状線が開通。
南海電車との連絡駅に新今宮駅が開業し、天王寺支線の利用客は減少に転じます。

次に南海本線との接続駅・天下茶屋駅の高架化に伴い、天下茶屋駅と今池町駅に短縮。
孤高の路線として走り続けるも、惜しくも廃止となりました。




「天王寺や阿倍野橋と結ぶ!」



と今、聞くと多くの客が利用すると考えられそうですが…

“あべのハルカス”は順調に高さを増していますビル


5.24 C.jpg


5.24 B.jpg


計画は300b。

地上60階、地下5階と西日本一の高さ。
完成後は“世界一高い駅ビル”と認定されるそうですよ〜


あべのキューズや天王寺ミオら集客があるにも関わらずね〜


あともう10年我慢していれば今頃、変貌していたかもしれない幻の南海天王寺支線。。。



赤錆の鉄路は今も街の発展を片隅から見守り続けています電車



posted by ひとし at 15:03| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

天満橋⇒歩いて⇒天王寺

小生、“歩くこと”はどちらか言うと苦手な分野。
この距離ならこの時間!と、分かっているとモヤモヤ感が充満するんです…

ただ!
歩いたことのない道、知らない道を歩くことは苦ではないのですわーい(嬉しい顔)



  我、開拓者也くつくつ



朝から大阪に来たついでに、その後も街をブラブラしてみると…

かなりの距離を自分では歩きました!!!!
それは………




 くつ「天満橋」から「天王寺」までくつ



地下鉄谷町線での距離は4.5q。
谷町筋ではなく上町筋を南下。途中、寄り道でウロウロしたのでエエ距離になったんちゃうかな〜





@ 大坂城南側の史跡を探訪

5.23 A.jpg

5.23 B.jpg


 史跡「浪速宮跡」



“645年大化の改新”はココ!浪速宮での出来事!

飛鳥時代と奈良時代後期に都が置かれた“浪速宮”


大阪市内で高い位置に当たる上町台地に築かれた宮殿は、その昔であれば大阪湾は容易に見渡せたことでしょう。
交通の利便性、貿易面などの要因で遷都されたことは、現在の大阪の発展を見渡せば誰しもうなずくところです手(パー)


戦後、発掘され整備された浪速宮跡。

大極殿跡から大坂城への眺望が素敵ですわーい(嬉しい顔)

この間には中央大通りや阪神高速東大阪線が通っているはずなのに!!!
建設当時にこの辺りの高速が平面が採用され、景観が守られた経緯があるそうですわーい(嬉しい顔)


5.23 C.jpg

5.23 D.jpg


礎石が美しく配置され、当時の偉大さが僅かながら思い浮かべることができます。


5.23 E.jpg


灯火を点すことはあるのかな…



5.23 F.jpg

東西には大極殿への門の跡でしょうか?

何カ所か3段ほどの階段と石が並べられています。


太平洋戦争までココに陸軍の歩兵部隊が置かれていたため、広大な土地がそのまま開発されず残っている奇跡の土地と言ってもいいでしょう手(チョキ)


ただ野原を侮ってはいけないパンチ







A 上本町4丁目でクリスマス

5.23 G.jpg


立派な木が上町筋に覆い被さっています。


この辺りは西側の歩道が未整備。
そのおかげでこの木が保存されているのかな…


ふと根元をむかっ(怒り)


5.23 H.jpg


ぐさっexclamation


開発しようか…


祟り!?



気になります…







B 上本町9丁目でダッシュ(走り出すさま)

5.23 I.jpg


“ベタの専門店”



気になったけど…



入り口に…



関西テレビ「よ〜いドン!」 の“となりの人間国宝さん”シールが貼られていたのでスルー⇒⇒⇒⇒





C そして終着・天王寺ビル

天王寺はちとマニアックなネタとともに改めて手(パー)



ラベル:大阪市 浪速宮
posted by ひとし at 19:46| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 史跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

<ビアガーデンA>高野の夜はもう熱い!

ビアガーデン第二弾ビールビール


やっぱり地元!左京区高野・ホテルアバンシェル京都「屋上ビアガーデンビール



5.22 A.jpg



午後6時30分。

太陽が残り僅か!とまだまだ頑張っている時間からスタートです。


ホテルアバンシェル京都屋上ビアガーデンは2時間制でバーベキュースタイル。


牛肉、豚肉、ホルモン、野菜などなどは自分でがっつり焼いてください!
おつまみからカレー、麺類、デザートはすべからくご用意しています!
もちろん!ビールはかわいいバイトが愛情たっぷり注ぎます!
ワイン、焼酎、ウィスキー、梅酒はご自分で好きな濃さでお楽しみください!



ほぼ男で占めて総数10人!

まぁ〜これはこれで楽しくなることは疑う余地ナシパンチ



比叡山から大文字の東山連峰、妙法、さらに遠く愛宕山、眼下に広がる左京区を中心とした洛北、高野川を渡るちょっと寒い風。


そして白い壁には2012ロンドン五輪バレーボール世界予選の模様が大音量で流れてますモータースポーツ




  飲む⇔焼く&食べる⇔話す





いやぁ〜手(パー)開放感たっぷりで飲むビールと料理はなぜここまで美味しく感じるのでしょうわーい(嬉しい顔)



京都では料理の評価が高いホテルアバンシェル京都屋上ビアガーデン。

2時間はあっ!という間に終了します。


食べて食べてレストラン飲んで飲んでビール


スタッフの方が「そろそろ〜」がちょうどエエ塩梅であることは言うまでもありませんグッド(上向き矢印)



6月いっぱいまでは3,000円。
今、行けば7月以降に使えるクーポン券を頂けます手(チョキ)

「ホテルアバンシェル京都屋上ビアガーデン」
営業時間:午後5時30分から午後9時30分まで
期間:9月9日まで
料金:6月30日まで3,000円 7月以降3,500円

月曜日は学割500円引
水曜日はレディースデー500円引
20時以降来店で500円引


わざわざ中心部からタクシーで来店されるほどのビアガーデンですビール


今季も高野には、大変、お世話になりそうですわーい(嬉しい顔)



ラベル:ビアガーデン
posted by ひとし at 20:43| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月21日

金環日食 ねぇ〜…

京都は282年ぶりだそうなやや欠け月


5.21 A.bmp※京都新聞より引用



午前7時30分前。




起こされました。





見てみました。





そして、また、すぐ、寝ました眠い(睡眠)






起きましたひらめき





金環日食のニュースばっかりです。





う〜ん。。。





金環日食、あまり覚えてません。。。






テレビ番組でお腹いっぱいです満月







次の金環日食、京都では2041年10月25日。

29年後。



がんばろわーい(嬉しい顔)




ラベル:金環日食
posted by ひとし at 19:15| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。