2012年02月29日

赤穂坂越の“ぷりっぷりっ牡蠣”

海鮮ウィークレストランレストランレストラン


生牡蠣のお裾分けを頂きましたわーい(嬉しい顔)

生牡蠣、連チャンです手(チョキ)


昨日は生牡蠣の殻抜きで小生、殻にスパッ!と負傷し、傷はパックリ状態のまま。。。
その反省の元、頂いた方に尋ねると…


「中火でフライパンに放り込んだらエエよー。約10分ほどで自然と開くからグッド(上向き矢印)


なぬっっっっ!!!!!!

知らなんだ。
アサリやシジミ、ハマグリのように勝手に開くんかいな!
あれほど死闘を繰り広げた労力は無駄骨に………
と、一瞬テンションが下がったもの、放っておけば良い!の超簡単調理法を得た小生は勝ったのも同然と上がりますグッド(上向き矢印)



本日頂いた生牡蠣は…


 「赤穂・坂越の牡蠣」



コチラの牡蠣は見た目は小振りに感じますが、中身はどっこい!
内側には驚くほど!目一杯の身が詰まっているのが特徴です手(チョキ)
ぷりっ!ふっくら!は言わずと知れたモノ手(パー)


1日経過しているため、運悪くの腹痛覚悟があれば“生”で食しますが、小生は遠慮します。

なので…


レストラン調理方法レストラン

@ フライパンにアルミホイルを敷きます。
A フライパンに入るだけの牡蠣を用意します。
B 弱火から中火でフライパンの準備完了!
C 牡蠣には何もせず、フライパンに投入!蓋をしましょう。
D 汁が溢れ出、蒸す状態で待つこと約10分。
E 全ての殻が開くわけではありませんが、完成exclamation


取り出した状態がコチラわーい(嬉しい顔)

2.29 A.jpg


なんと!自然に開いているではありませんかどんっ(衝撃)

殻はさほど熱くなく、手で触れることが出来ます。

磯の香りが漂う中、身を取り出そうとヨダレを我慢して開けるとグッド(上向き矢印)


2.29 B.jpg


もう一個グッド(上向き矢印)


2.29 C.jpg



ぷりぷりっ!


ふっくら!


ツルッと一口で大きな牡蠣を頂きましたわーい(嬉しい顔)

蒸す感じだったのでふっくら&ぷりぷり感は生のような状態手(チョキ)


牡蠣のジューシーな味が口一杯に広がる、この幸福感わーい(嬉しい顔)


香りは水を使っているのではなく、牡蠣から出る旨み成分たっぷりのお汁をそのまま使っているので口の中に広がる香りも抜群ですわーい(嬉しい顔)



堪りませんグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)







ココで手(パー)
全ての牡蠣が平開かなかったのは事実です。
3個中1個。
その1個も少々接着面にナイフを入れればすぐにパカッ!と容易に開きます。

素人でも容易に食せる方法として一つオススメですよ〜手(チョキ)


ラベル:牡蠣
posted by ひとし at 23:39| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

城崎温泉 食めぐりレストラン

やっぱりレストラン城崎温泉に冬に来たならコレが目当てわーい(嬉しい顔)



2.28 G.jpg


 カニっわーい(嬉しい顔)


2.28 F.jpg


カニ2.3杯が茹で、鍋、刺身に変身して食を楽しませてくれる憎い演出レストラン

さらに脇役には海産物&地元・但馬牛までご登場のフルコースレストラン


もう味は言うまでもないでしょう!


結論は「もうしばらくカニはいりません。」ですわーい(嬉しい顔)




夕ご飯以外にも城崎温泉を外湯以上に楽しむにはやっぱり“食&飲み”

2.28 A.jpg

コチラでは温泉たまごを自分で作ることが出来ます。

作る!と言ってもネットに玉子を入れ、源泉近くに用意された温泉たまご場に10分ほど入れるだけ。
なので頑張っているのは温泉いい気分(温泉)

2.28 B.jpg

約10分後、取り出した温泉たまごを温泉たまご専用カッターで上部をスパッと切り捨てます。

2.28 C.jpg

すると!

2.28 D.jpg

中身は程良く半熟の温泉たまご!

スプーンで食べるも、スルッと流し込む!


笑みが零れますわーい(嬉しい顔)




外湯で汗を流せば、欲しくなるのはアレですよひらめき


2.28 E.jpg


地元の酒屋さんは試飲&地ビールを店頭で販売してます。

城崎地ビールを頂いたのは「川のビール…ヴァイツェン」
見た目は濃くも、フルーティーな香りに甘ささえ感じます。
ビールが苦手な方にもさっぱり感があるため、温泉の後の一杯に「ぷはぁ〜」と漏らしてしまうこと間違いなしですわーい(嬉しい顔)


試飲では「但馬の蔵めぐり城崎湯上り酒 宇兵衛」

純米酒で今年のしぼりたては水色の瓶に入った美しいお酒です。

口当たりは優しく、華やかな味。
しぼりたて独特のフレッシュ感が相俟って大きな花が咲き乱れる百花繚乱のようです。

ふふわーい(嬉しい顔)買っちゃいましたビール



他に地元の日本酒を何軒かの酒屋さんで試飲をさせて頂きましたわーい(嬉しい顔)

皆さん丁寧な説明で、お話しを重ねていく上で合点して買い求めると突如!値引きまでも!!!

だからエエんです!会話して買い求めるのはね〜わーい(嬉しい顔)




あと、足湯で偶然にお会いした人生の先輩ご夫婦は旅行好き。
毎月各地に旅行へ行かれる“通”で仲良しご夫婦は城崎に通ってもうウン年!

「外湯はあそことあそこがエエよ」
「あらっ!一緒の宿泊先だった!良かったでしょ〜!」
「他の温泉地はあそこが良かったよ〜」

と様々な情報を頂きました。

コチラが「これから帰るんです。」と、伝えると帰りの電車の中でのお弁当はあそこがエエよ!との情報まで。

教えていただいたのは城崎温泉街にある「かにちらし寿司 すけ六」

「やや値段は高めも味は間違いなし!コレ食べて気を付けて帰ってね〜」

と、ご夫婦は手を振って外湯めぐりへ向かわれました。

で!向かうと残念ながらお休み。。。



しかしながら、口はかにちらし弁当を欲していたので…

2.28 H.jpg

駅近くで購入。おまけにビールもビール(太陽が出ている間は遠慮してましたが…)

特急車内ではカニが入った発泡スチロールの箱が座席の上のスペースに押し込められる音があちこちで鳴っています。
そして、皆さんも仕入れたお昼ご飯が入ったビニール袋のカサカサした音が続いて鳴り響きます。

城崎温泉駅出発〜電車


の!瞬間にプシュっ!プシュっ!と缶ビールが開けられる音。
その後、車内にはカニの香りが一気に漂います。

なぜでしょう!?

始発駅でもある城崎温泉駅停車中には話し声のみ。
そして、特急電車が動き始めてから食事を始める、この奇妙な団体行動手(パー)

もれなく小生も一緒でしたがふらふら


なんとなく!電車が動いているときに食べたい!飲みたい!は観光気分を上げる演出の一つであると日本人の心に染みついているのでしょうね〜わーい(嬉しい顔)


身体の満足感&充実感&満腹感。
何もかも満たされた城崎温泉でしたいい気分(温泉)


posted by ひとし at 23:54| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味い! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

城崎温泉 外湯めぐりいい気分(温泉)

1300年の歴史を有する趣ある街へ行って来ました〜いい気分(温泉)


2.27 B.jpg

いい気分(温泉)但馬國・城崎温泉いい気分(温泉)

京都からの直通特急「きのさき」は通常より増強の6両編成にも関わらず指定席車両は満席!!!
小生乗車の1号車も京都駅から終着・城崎温泉駅までほぼ入れ替え行われず到着です電車

2.27 A.jpg

ここ最近の春の足音の影響で雪は屋根の上ぐらい。。。


まず最初は挨拶代わりに城崎温泉駅前にある「湯飲場」へいい気分(温泉)

2.27 L.jpg

駅前以外にも2ヶ所にある湯飲場。

ちょいと塩辛く感じる温泉湯。
やや塩辛いお出迎えに小生は足がすくむ想いです。。。

ちなみに適応症は慢性消化器病と慢性便秘。
消化器官ならお酒に関して肝臓さんにしょっぱい影響が伝わったことでしょうわーい(嬉しい顔)


次に湯を飲めば、湯の元へご挨拶手(チョキ)

2.27 C.jpg

5度も満たない寒空の下、湯けむりがモクモクと立ち上がってます。

源泉の温度は81度だとか!

勇気を出し指を突っ込む果敢な野郎は誰もおらず…

あるのは………また次の記事で手(パー)


で!この源泉が集中配湯管理施設に集められ平均57度に落ち着かせて外湯に送出されます。

城崎温泉には“外湯”が全部で7ヶ所。「七つの外湯めぐり」としてスタンプラリーと入浴以外にも楽しめます手(チョキ)

まず〜

2.27 F.jpg

@「御所の湯」

効能:火伏防災、良縁成就

室町、南北朝時代に記録がある由緒正しき温泉いい気分(温泉)

行きの電車満席を証明するかのように更衣室&浴場は芋の子を洗うかのような大賑わいぶり。
大浴場はやや熱、天空風呂と呼ばれる露天では山や滝の風景が魅力で火照った体に一服の休息を与えてくれるエエ風呂ですわーい(嬉しい顔)

城崎の観光客によっては「ココが一番エエなぁ〜」という声さえ伺えます手(パー)




2.27 G.jpg

A「一の湯」

効能:合格祈願、交通安全

大浴場と洞窟風呂から成る外湯。
大浴場は御所の湯よりさらに熱い!洞窟風呂は滴り落ちる滴の音が反響し情緒が感じられるお風呂です。
更衣室などボリュームでゆったり感があり、時間とお風呂の双方を楽しみたい方はココがオススメですいい気分(温泉)




2.27 H.jpg

B「柳湯」

効能:子授安産

柳の下から湧き出たコトから命名されました。
現在でも入り口すぐ横には柳の木が植えられています。

外湯では一番!こぢんまりとしたお風呂を有しています。
浴場内は檜風呂。檜の香りとコレまでの3つの外湯の中で群を抜いて高い温度にベテラン好み&通好みの外湯ですいい気分(温泉)

小生?日頃、市内の銭湯の成果か汗が滴り落ちる中、満足感たっぷりですグッド(上向き矢印)




2.27 J.jpg

C「駅舎温泉 さとの湯」

効能:自然回帰

城崎温泉駅すぐそこにある、顔と言っても過言ではない外湯。
大浴場、屋上風呂、ミスト、サウナ、ペンギンサウナ(冷凍)と多種多様。
お風呂のテーマパークかのように楽しめる外湯です。

屋上風呂から眺める満天の星空は贅沢の一言に尽きますぴかぴか(新しい)
駅前は旅館街からやや離れているため夜は貸し切りで楽しめます〜手(チョキ)





2.27 I.jpg

D「鴻の湯」

効能:夫婦円満、不老長寿

外湯の中で最も奥に位置する外湯。
1400年前にコウノトリが足の癒したと伝わる湯です。

大浴場と庭園風呂(露天)の二つから成ります。
大浴場はコチラも熱め、露天の庭園風呂は庭園の池の部分がやや温いお風呂。
雪化粧した山と庭園は一瞬、風流人で詩でも詠もうかなと錯覚に陥るかも手(チョキ)



あと二つはスケジュール的に困難で断念。。。


幸せをたっぷり感じるお風呂は何度入ってもエエもんですいい気分(温泉)

城崎温泉内、宿泊すれば無料で外湯めぐりが堪能できます。
また外湯だけを目的にした場合は1日券で入浴放題。

無料で城崎温泉を味わえるのはコチラいい気分(温泉)


2.27 D.jpg

2.27 E.jpg


足湯はあちこちに用意されています。
さらに「手湯」と一風変わり種まで!!!


これこそ!長年湧き続け、地元の方が愛着を持って保全してこられた証拠です。



どの浴室でも…

「はぁ〜!!!」
「エエ湯やぁ〜」
「あ〜っ、ふぅ〜!」


エエため息があちこちから漏れ出ることが一番の幸福感の表れなのでしょうわーい(嬉しい顔)



2.27 K.jpg



温泉が楽しめる日本に住んでいて本当に良かったですわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)





posted by ひとし at 21:40| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エエとこ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

強力タッグ!地デジカ&カクカク・シカジカ

25日から始まった国公立大学二次試験。
それに合わせて京都大学吉田南キャンパスに恒例のアレが登場グッド(上向き矢印)


2.25 A.jpg

 『折田先生像』


以前、この場所にあった旧制三高の初代校長・折田彦市の銅像にちなんで毎年受験生を出迎えます手(パー)

折田氏は京都大学の自由な学風の元祖とされています。


今さら?の“地デジカ”登場exclamation

折田先生像の横には案内文が登場です。


2.25 B.jpg
折田彦市先生は、地上デジタル放送推進大使として黄色いレオタードの普及に尽力し、京大に電波な学風を築くために多大な功績を残した人です。
どうかお酒の飲み過ぎにはご注意下さい。

チョナン・カン
素晴らしい文章ですわーい(嬉しい顔)

忘れ去られた出来事をことごとく蘇らせる「あった!あった!」な表現力に感服ですexclamation




そして、地デジカをよ〜〜〜く眺めると乙なモノを発見exclamation×2


2.25 C.jpg


ダイハツ・ムーヴコンテで大活躍中の“カクカク・シカジカ”


ちなみにカクカク・シカジカはオフィシャルでは全国旅行中だそうです。
http://moveconte.jp/

その最中に京都大学へ立ち寄った!?のかなー


posted by ひとし at 18:07| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

「止まれ」で止まれない!?

いやでも止まってしまう!ってどんっ(衝撃)



2.24 A.jpg



「止まれ」と印字されても柵に囲まれてしまってますもうやだ〜(悲しい顔)




確かにアスファルトに記されていても無用の長物。





柵内には標識はありません。




阪神高速道路株式会社の立入禁止の看板。


ちょっと「止まれ」書いてみたかった!




んな稚拙な妄想はここまで。

阪神高速8号京都線が開通しました。

それに伴い旧道路部分を移設したも、ちょい残ってしまったトコです。



そそられますわーい(嬉しい顔)

柵を乗り越えて立ってみたいです。


あくまでも願望です。ご了承下さい手(パー)




ラベル:標識
posted by ひとし at 20:53| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

妄想旅、出発!

キターーーーーーーーーーーッexclamation×2

弥生は鉄道愛好家にとって多忙な季節なのです新幹線


それは…



『ダイヤ改正』



JRグループが毎年3月に全国規模で実施されます。
また各私鉄も順ずるかのように行われます。

新年度の4月に備え、1年間の利用動向を基に改善、増発、減便、廃止と適正な規模に見直す。
それが、ダイヤ改正です。

会社によってはダイヤ見直し、ダイヤ変更と呼称が変わります。

その全貌が世間に発表されるのが、『JR時刻表』『JTB時刻表』。一般的には時刻表で親しまれているあの!辞書のような分厚さ本




『JR時刻表 3月号』




25日発売の早売りを書店で確保ーーーーーっどんっ(衝撃)
いやぁ〜まだ全てを調査していませんが、ダイヤ改正は興奮しますわーい(嬉しい顔)

JRグループの主な内容は…
・東海道山陽新幹線は最新型のN700系か一世代前の700系に統一しスピードアップ!
・山陽九州新幹線「みずほ」「さくら」を増発
・東北新幹線、新型車両E5系を増発
・関西と南紀を結ぶ特急「くろしお」に新型車両を投入
・首都圏と茨城、福島を結ぶ常磐線特急「ひたち」に新型車両を投入

また在来線各線の快速や普通電車も増発、見直しという名の減便も実施されます。
少子化や人口減少、東京一極集中で地方の鉄道環境は厳しいのが現状です。
将来的には特急が走る幹線以外は廃線が現実味を帯びることでしょう。

鉄道会社が「見直し」と発表すると危機感のみ。
公共交通である鉄道。
道路と同様に鉄道もある程度の公的な支援は今以上に必要であると小生は考えています。

時刻表を眺めながら、妄想する一方でこのようなことも小生は想っています。

まだまだ時刻表の調査研究は続きます新幹線電車新幹線電車



ラベル:時刻表
posted by ひとし at 18:37| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | train | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

ダム探訪D 鴨川の水を使って100年!!!

京都の中心を流れる、鴨川。
その鴨川に水力発電所が明治時代に造られていました。


2.22 A.jpg

 「洛北発電所」


鴨川上流部の賀茂川。
東方から鞍馬川が合流する十三石橋付近です。

洛北発電所は1908年(明治41年)に竣工した発電所です。

紛れもなくexclamation×2
鴨川の水を利用した唯一の水路式の水力発電所です。

取水はココから上流の賀茂川(鴨川)、鞍馬川、静原川の三川。
落差47b、出力は450`h。


出力は本当に僅かな値。ちなみに関西電力管内、高浜原発は総出力は339万`hから考えるとすずめの涙ぐらい?
いやいや!立派に家庭に供給すべく頑張っていただいてます。


賀茂川と鞍馬川の合流点に設けられている排水口からは白い水しぶきを立てるほど勢い良く水が落ちている様子が窺えます目



2.22 B.jpg


比べて賀茂川上流方向は水が少ないこと…


明治時代には恐らく京都市内へ供給するには最適な場所であり、規模の適切だったのでしょう手(パー)



100年を超えてもベテラン水力はなお現役稼働中!


一方の原発の耐久は日本で40年の議論が沸き上がっています。

ただ水力はダムを建造する場合は周囲に与える環境問題を考慮しなければなりません。

善悪は表裏一体。

ん〜、洛北発電所は小さいながらも微笑ましくさえ感じます。

節電&卒原発からメタンハイドレートと一歩でも先に進む発電方法を願うばかりです。


ラベル:発電所
posted by ひとし at 20:42| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エエとこ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

宮前町神前障子

ポツンと。




2.21 A.jpg


どこぞの女の子の名前の石碑。




ではなく手(パー)地域を示す石碑です。




「亀岡市 宮前町 神前 障子」




お宮の前


神の前



と、並んで障子が登場。


宮と神が並ぶ素晴らしい場所であることは確かです。



ちなみに…
・宮前は“みやざき”
・神前は“こうざき”


障子の石碑。道路を挟んだ場所には地域のシンボル、佐々尾神社が鎮座されています。




障子はさらに良し手(チョキ)と、感じますわーい(嬉しい顔)




2.21 B.jpg




山々に囲まれた長閑な田園風景に、佐々尾神社から発する川が集落の中心を流れやがて亀岡市内中心部へと注ぐことを考慮すればこの地域の源と言えるのかな?




昨夜のラジオ深夜便でお便りが紹介されていました。

「縁起の良い、白い雀を二羽見掛けました。白い雀を見ると吉兆の予感。
しかしながら、何もありませんでした。
いや、何もないことが一番幸せなことであると感謝しています。」

人生の先輩からのお便り。

何もないことが一番の幸せ。

もうすぐ東日本大震災から1年を迎えます。


宮前町神前障子の風景を見て、これが幸せな何気ない風景です決定


2.21 C.jpg



ラベル:亀岡市
posted by ひとし at 18:11| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エエとこ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

『Drakskip 磔磔マンスリーライブvol.10』

19日夜『Drakskip 磔磔マンスリーライブvol.10』へ行ってきましたるんるん


北欧の楽器ニッケルハルパを筆頭に5弦ヴィオラ、12弦ギター、パーカッションの編成で北欧伝統音楽インストバンド。
京都を中心に全国あちこちでライブを繰り広げるライブバンドでもありまするんるん


インストなので歌詞はなし!


歌詞は無くとも演奏力は抜群!!!!


奏でるライブ最初の音から観客を惹き付ける強さ。


いつ聴いても、その空間を共有できることに感動を覚えます。




今回は事前にツイッターで重大発表がある!のつぶやきが。

観客の方はどこかそわそわした空気が漂います。


ライブは第1部と第2部の構成。
第2部では1stアルバム「WeatherCock,facing North 〜北向く風見鶏〜」を1曲目から10曲目までそのまま演奏しようの企画。

で!

その途中で重大発表コーナーとして発表!





メンバーがっ!!!!!





と、そのようなもったいぶらさずに発表です。


「春に3枚目のアルバムを発表します!」


るんるん
彼ら夏に北欧へ修行に出掛けるコトが決定。
その前に、今の自分たちの音楽を出し切ろう!で発表されるとのことです。

会う度に洗練されるその音楽るんるん
楽しみに春を待ちましょ〜


来月の磔磔でのライブでちょいと収録される曲を演奏する!と、うま〜い紹介もして約2時間のライブが終了しましたわーい(嬉しい顔)

良ければコチラご覧下さいな!
http://www.drakskip.net




ラベル:ライブ
posted by ひとし at 23:49| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

大雪狂想曲 〜雪の金閣寺雪

17日午後10時頃から京都市内でも吹雪雪
あっ!という間に屋根も歩道、車道まで雪で覆われ、行き交う人や車のスピードが一気にダウンバッド(下向き矢印)
2年前の大晦日以来の大雪にテンションが上がりますグッド(上向き矢印)
まだまだ小生の心は“子ども”ちゃんですわーい(嬉しい顔)


では未明から日中にかけての大雪狂想曲in京都雪


まず!
@ 雪の金閣寺雪


2.18 A.jpg

2.18 B.jpg


午後には屋根の雪が溶け始めちゃいました…


金閣寺の庭園は見事!

金閣だけでなく、庭園の美にも注目必須です手(チョキ)


2.18 H.jpg


2.18 I.jpg

竜門の滝。

高さ2.3b。
龍門の滝を鯉が登りきると龍に化するといわれる中国の故事登竜門に因んだ鯉魚石が置かれています。




A 哲学の道から眺める大文字


2.18 G.jpg


東山の山々は雪を被り、立体的に感じられますわーい(嬉しい顔)




B 未明の百万遍


2.18 C.jpg

2.18 D.jpg

雪の激しさが小生の愛車を襲いました雪

籠には大量の雪が詰められています。
「誰が詰めた?」と、当初他人を疑いましたが、全ての自転車がこの有様でした。

約2時間の雪の凄さは、なめたらあきまへん演劇




C 京都大学構内


2.18 F.jpg

2.18 E.jpg


自転車の亡霊現るどんっ(衝撃)




D お約束決定


2.18 K.jpg


あちこちに雪だるま出現!

バスの中からは同志社女子大学門前にミッキーまでも発見!

雪は子供も大人も楽しめるイベント化してました雪




ラベル: 金閣寺
posted by ひとし at 18:56| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 桜 〜そうだ京都行こう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。