2011年12月27日

ベテラン信号機発見!

最近、信号機の世界で勢力を広げているのが信号



12.27 C.jpg

LED式車両用灯器(信号機)


さらに、スマートな薄型タイプが増えつつあります。
薄型タイプは2004年から製造が開始されました。



従来に比べて視認性に優れ、特に夕方など逆行時に威力発揮します。
また、LED式に代わることで寿命も延び、消費電力を抑えることが利点として上げられます。




一方で徐々に減らすタイプがコチラ信号


12.27 B.jpg


小生は勝手に昭和末期から平成初期タイプ。

やや柔らかい印象があります。



コチラは1970年後半から90年代まで生産された「丸型」信号機から発展系!
90年代から生産された「丸型の新型」タイプ。


全国的にもまだまだ現役で活躍中!

新設信号機にも稀に採用されるロングセラー信号機信号と言ってもいいでしょう!





そして、今回それより古いタイプを久々に発見したので信号


12.27 A.jpg


国道24号線、丹波橋付近で発見exclamation×2


1960年代に製造された「初期丸型」タイプの信号機です。


赤、青、黄のライトが“昭和”を感じさせる濃いタイプ。

重量感を与え、車や歩行者に睨みを利かせます目



信号機上部にはベテランを感じさせる“錆”


風雨など自然に晒されて何十年。


なおも活躍するその姿には、何かしらの勲章が自治体から、いや警察から表彰されてもエエのではないでしょうかモータースポーツ




古いタイプの信号機はここ数年で急速に更新されています。



今のうちに!どこに昭和式信号機があるのか、確認しておきましょう。


文化的価値創造委員会信号機の部より


ラベル:信号機
posted by ひとし at 19:23| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。