2010年12月16日

イノシシ神社のウサギ絵馬

極寒雪のなか、12月も折り返し地点です。

烏丸通りを南下しているとクリスマスを超え、すでに新春の準備が整えられていましたイベント


12.16 A.jpg



烏丸下長者町に鎮座する『護王神社』


まだ?もう?

あと半月と控え、どちらの感覚でしょう?


小生は、「まだ」の方。


しかしながら同年代や先輩方は12月に入ると合わせたかのように「もう12月!もう1年が終わる!」とダッシュ(走り出すさま)

しかし、「給料日は遠い」はどの年代も共通のようです…




そんなことはさておいて手(パー)

護王神社とは…
桓武天皇に遷都を進言し、平安京の都作りを推し進めた和気清麻呂と姉広虫を祭神とする神社。
現在の京都御所すぐ西側に鎮座されるのも遷都以来の反映に感謝されている証でしょう。


鳥居をくぐると目前にはグッド(上向き矢印)



12.16 B.jpg


巨大な絵馬exclamation×2



本殿手前の拝殿の床から天井までの高さ!に、横幅いっぱいの大きさ!


かわいらしい対のウサギさんに目を細めてしまいますわーい(嬉しい顔)



なんとなくクリスマスを超えてから迎春準備と思ってましたが、、、関係ナシですよね〜




ところでココ、護王神社は…


12.16 C.jpg


狛犬ならぬ、イノシシが境内のあちこちにいらっしゃいます。



なぜイノシシかと…


「御祭神和気清麻呂公は、道鏡事件で大隅国へ流される時、足萎えで立つこともできなかったが、イノシシの御守護により、不思議と立って歩けるようになったという」


この故事に因んでなのです手(パー)



12.16 D.jpg



手水舎にも手(パー)


口から出てますが、決して生臭いわけでもないかな…


いや!京都御所周辺は名水が湧いている場所なので大丈夫で〜すわーい(嬉しい顔)



12年に1度賑わうイノシシ神社からウサギさんの巨大絵馬をお伝えしました〜るんるん



posted by ひとし at 22:34| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社・寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。